« 青春時代のバイク | トップページ | ナナハンにたどり着くまで »

2007年6月27日 (水)

バイクとの付き合い方

昨日、JRのとある駅の近くを歩いていると、青いタンクの、少し古めかしいバイクが止まっていた。それは良く見るとカワサキKH250だった。バイクファンには説明は不要だが、伝説のバイク、マッハの血統を受け継ぐ1970年代の名車です。

「ほーっ、こんな古いバイクに、しかもこんなに綺麗に乗ってるなんて。」

と、思わず感心してしまいました。一台の車両を、30年以上も大事に乗り続けるのは、よっぽど「愛情」がないとできないことだと思います。

一方では、2年に一台くらいのペースで車を買い替える人が知り合いにいる。彼は、無類のクルマ好きで、とにかく色んなクルマに乗って見たいのだそうです。

どちらのパターンも、クルマやバイクに対して単なる道具以上の思い入れを感じられますが、どちらのパターンの人を見ても、「真似できないなー」と思ってしまいます。

それだけクルマやバイクのことだけにお金と時間をつぎ込む情熱を持続できる人が、何事も飽きっぽい僕から見ると、羨ましいとも感じたりします。

もうすぐ、僕のところに、若い頃の憧れだった「ナナハン」がやってきます。長い付き合いになるのか、それともすぐ飽きてしまうか。できれば、長く大事に乗りたいと思うけど、肝心なのは、バイクで楽しい思い出をどれだけ作れるか、だと思う。

Cb750

そうだ!ツーリングの計画、考えよう。それと、少し体も鍛えなきゃだ。

« 青春時代のバイク | トップページ | ナナハンにたどり着くまで »

バイク」カテゴリの記事

コメント

 まだ納車されないんですか?

 私の叔父さんは昭和40年代にこれに乗っていましたよ。

http://www.honda.co.jp/news/1971/2710302.html

小川さん、どうもです。

>まだ納車されないんですか?

うーむっ、僕も首を長くして待っているんですが、バイク屋の話だと、7月の6日ごろと言う話です。
黒だったら、すぐ入ると言われてたんですが、色にこだわったせいでメーカーから取り寄せになるんだそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイクとの付き合い方:

« 青春時代のバイク | トップページ | ナナハンにたどり着くまで »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ