« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月13日 (日)

後北条縁の二つの城

戦国時代の関東地方に覇を唱えていたのが、戦国大名の北条氏だから関東地方の城は何らかの形で北条と関わり有るのは当然なんですが、今回はその北条氏に関わりの深い埼玉の二つの城跡に行ってきました。

Imgp0344q Imgp0345q

Imgp0346q

一件目は川越城です。

川越城は1457年、上杉持朝が家臣の太田道灌に命じて築城させたものですが、北条氏と川越城と言えば、「川越夜戦」です。関東の覇権を狙う北条に対してそれを阻止しようと、関東管領、古河公方の連合軍8万が、北条綱成守る川越城を囲んだところへ、わずか8千の軍勢で夜襲をかけて反北条連合軍にうち勝って、武蔵の国進出の足がかりとなった合戦は、昨年の大河ドラマにも取り上げられていました。

川越はその町並みが埼玉の「小江戸」として最近人気があります。

Imgp0356q Imgp0355q

徳川三代将軍家光と乳母「春日の局」にゆかりの喜多院も川越です。Imgp0361q

ついでにちょっとだけ立ち寄りました。

Imgp0363q

「大阪の陣」を陰で糸引いたとされる天海大僧正の像です。この天海、実は明智光秀がその正体だという伝説もあります。

今回のツーリングは、再びソロで気楽な一人旅です。で、川越城、川越蔵の町、喜多院を見終わったところでまだ10時半だったので、さらに足を延ばして埼玉県の北部、寄居の鉢形城を目指すことにしました。関越自動車道を花園インターで降りて国道140号を西へ約30分走ると寄居町に入ります。

Imgp0370q ここも城跡はきれいな博物館が建っています。

「新編武蔵風土記稿」と言う古い書物には、源経基により築城されたと有るようですが、城の作りやその後の資料から15世紀に長尾景春により築城されたとする説が有力だとされています。

この鉢形城は戦国後北条氏の盛衰と運命を共にしています。川越夜戦で関東管領上杉家が北条氏康に破れると、武蔵の豪族達は北条氏に帰順するようになります。鉢形を領地としていた藤田重利もその一人で、北条氏康の三男、氏邦がその婿養子となり、本拠を鉢形城に据えます。この城は、荒川と深沢川に挟まれた断崖上と言う天然の要害でもあり、関東支配を狙うライバル武田に従う上野国に対する抑えの地としても、重要な地点であったようです。Imgp0372q

(二の曲輪方面に多数の上り旗!すわ!敵の襲来?!)

Imgp0377q (と思いきや、さにあらず、明日開催の「北条祭り」の準備でした

時は移り天正18年、秀吉の小田原攻めで城は、前田利家、上杉景勝、真田昌幸、本多忠勝ら率いる5万の北国勢に囲まれます。一月あまりの籠城の末、城主北条氏邦は、家臣の命を思い遂に開城を決意します。城を出て剃髪した氏邦はその後前田家お預けの身となり、金沢でその生涯を終えます。

城跡にはドラマが詰まってます。今回は戦国期、関東を支配した後北条氏の興亡を一日で見学できて、有意義なツーリングでした。

バイクの話をちょっとだけ。

今回は行きも帰りも高速道路をかなり走りました。カウルを装着したとは言え、走行風のきつさにはちょっと参りました。無風状態で快適に感じるのは80キロまで。120キロでのクルージングはタンクにしがみつく姿勢になってしまいます。やっぱり下道をゆっくり走った方が楽しいかな。

本日の走行距離、255キロ。

2008年4月10日 (木)

ツーリングシーズンに欲しいもの

前回のツーリングを通して、「これがあればなぁ」と感じたものがいくつか有りました。

まずはバッグですね。今のバッグはマチがあって広げると容量を増やせますが、せいぜい一泊まで。2,3泊するとなると足りません。サイドバッグが欲しいところです。

それから、長時間乗っていると、尻が痛くなるので、シートに敷くものが欲しいところです。「ゲルザブ」なる商品が出ているようなので、これも要チェックです。

さらにはヘルメット。今使っているのはヤマハ系のブランド、Zenithのシステムヘルメット。これはフルフェイスの安心感とジェットのかぶり易さを兼ね備えたものなんですが、2時間かぶっているとどうも耳の近くが痛くなってきて、頭の形に合っていないようなので、買い換えを検討しています。これから気温が上がるので、ジェットで信頼のあるメーカーのものにしようと思っています。

うーむっ、何かと出費がかさむなー。その分、仕事にも精を出さなきゃ。

ところで、カウルも着いてプチカスタムしたナナハンですが、他にもちょっとだけ変わった点があります。Imgp0297q

ようく見ないと分からないんですが、メーターケースがメッキからマットブラックになっています。これは以前転けたときの部品を新和モーターさんが、メッキをはがして艶消し黒に塗装して取っておいてくれたのを、つけてくれたんです。往年の名車「CB750F」っぽい感じで気に入ってます。

だんだん「自分だけのナナハン」になっていく感じで、愛着が深まる気がしてます。いつもながら、新和さんには感謝、です。

2008年4月 6日 (日)

桜、城、ワインディング三昧

4月5日、予報は晴れ、気温も上がり行楽日和になる予想。仕事を通じて知り合ったバイカー達と、ツーリングに行ってきました。行き先は房総です。

当日は早めの待ち合わせだったので、3日前から早起きに身体を慣らしていたんですが、前日は少し緊張して寝付けませんでした。まるで遠足の前の子供のようです。

Imgp0301q 6時半起床で、7時に出発。朝8時に市原のデニーズで待ち合わせ。今回おつきあいいただくMTさんのZRXと僕のCBナナハンです。

MTさんは僕より一回り以上も若いながらも、ツーリング歴はもはやベテランの域。

朝食をしっかり取って、9時に出発。次の目的地は富津市内の上総湊駅。そこで今回のもう一人の参加者、☆さんと合流します。Imgp0303q

Imgp0306_editedq 初顔合わせの3人の記念写真でしたが、逆光になってしまいました。

初顔合わせの3人ですが、それぞれ目的地が一つずつあって、それらを回ることに。

まずはMTさんお奨めの「道」を走ることに。富津市内の県道で道沿いに目立った観光スポットがあるわけでもないそのルートは、通行量も少なく信号もない10キロ弱の区間ですが、道幅も広くかつ適度なワインディングが続いていて、ライダーの間では千葉県内では隠れた名所になっているそうです。Imgp0308q

桜もあちこちで見られて、☆さんも「いい道ですね~」とご満悦でした。

(マグナで颯爽と走る☆さんです。)

もちろん僕も快適なワインディングを堪能しました。

鋸南の道の駅で休憩後、向かった先は、僕が行きたかった観光スポット、館山城です。

Imgp0317q

館山城は16世紀の終わりに、安房の覇者里見氏が、軍事、経済の両面から見て天然の良港を持つこの地に築いた城です。Imgp0320q

確かにこの城からなら、江戸湾の入り口を一望でき、戦略上重要な拠点であることが実感できました。

しかしその重要拠点を領地に持つことが、里見氏にとって後の災いになったとも言われています。時の天下人がそうした場所を、外様の大名に与えておくわけがありません。徳川幕府の時代には、里見家は城普請や家臣の数に難癖をつけられて、伯耆の国に国替えされ、事実上改易となりました。

で、その里見氏の悲劇を題材に書かれた江戸時代の長編小説が、「南総里見八犬伝」です。「城」の中の展示物は、半分くらいがこの「八犬伝」関連のものでした。Imgp0312q_2

花見真っ盛りの館山城を後にして向かったのが、☆さんお奨めのカフェ、「grassB」です。その店は館山市内の少し山を登ったところにあって、ここも知る人ぞ知る、隠れた名店になっていると言うことでした。

Imgp0326q Imgp0325q

手作り風の建物の中には薪ストーブがありました。ハーブも植えられていたりして、それを料理に使ったりするそうです。食事はピザとパスタがメインで、味付けはシンプルで走り疲れた身体に優しい味でした。

バイク好きは、バイクの話になると止めどがありません。車種の話、パーツの話、ツーリングの話、話題は尽きることなく、時間はあっという間に経ってしまいます。が、日帰りツーリングなので、あまりゆっくりもしてられません。MTさんの、お遍路ツーリングやら古城巡りツーリングなど、ユニークなお話の楽しみはこの次に取っておいて、出発です。

最後は千葉県最南端を通って、帰路に就くことにして、野島崎灯台を目指します。

Imgp0327q MTさん曰く、ライダーには何故か「端っこ好き」が多いそうです。

野島崎灯台を最後の立ち寄り先にして、後はひたすら走り続けました。

5時半に姉ヶ崎のコンビニで解散。自宅に着いたのは7時30分。ナナハンを買ってから最も長時間乗った1日でした。本日の走行距離、280キロ!

考えてみると、グループツーリングは20年ぶりのことでした。一人で走るのは気楽ですが、人と一緒に走るというのも「一人じゃない」と言う安心感があって、良いものですね。☆さん、MTさん、お二人の大人の気配り溢れる走りのおかげで楽しい一日でした。ありがとうございます。

2008年4月 4日 (金)

ガイラ・シールド装着!

ChicDesginに注文して、即振り込むと、翌日には配達されてきました。

シールド、ステーの他に、細かいねじ類が入っていて、説明書を読んで途中まで組み立てました。Imgp0293q

ここまで組み立てるのに約1時間。

バイクへの取り付けには、ヘッドライトを外すという初めての作業をしなければならず、これは結構手間取りそうでしたが、雨が降ってきて、この日の作業はここまで。

で、雨が上がった翌日の夕方改めて取り付けたんですが、ヘッドライトの向きが気になったので結局、新和モーターさんにお邪魔して、調整してもらっちゃいました。Imgp0297qq Imgp0296qq

明日は天気も良さそうなので、これで房総ツーリング、行ってきます。目指すは館山城!

Imgp0299q

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ