« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

ナナハンも1年

1年間でようやく走行距離3000キロに達しました。

Imgp0481s ガラスへの写り込みでちょっと見づらいですが、先週の土曜日、千葉県北西部の某市内で3000キロ達成の瞬間です。

1年間乗ってみて、少しずつナナハンの重さやパワーに体が慣れてきた感じがします。

2年目は、これに乗ってもう少し遠くへ行くことと、さらに自分だけのマシンにすべく手を入れるつもりです。

今日、仕事帰りにこんな本を見つけたので、買ってしまいました。

Imgp0483s 日本の戦国史だけじゃなく、自分のマシンの歴史も知っておいた方がより愛着を持てるかと。

2008年6月25日 (水)

写真の話し

このブログのテーマはバイクを中心に考えているんですが、書き始めると、どうも城跡の方に話しが偏りがちです。

バイクは好きだけれど、ライディングテクが優れているわけじゃない(ハッキリ言って下手です)。

バイクをいじるのが得意なわけでもない(不器用だしメカにも音痴です)。

ただバイクで出かけるのは好きだし、城跡を見るのも好き。と言うことで自然と話しはバイクネタよりも城跡、歴史談義に行ってしまいます。バイクのブログと思って読まれている方には大分物足りないかも知れませんが、まぁそのうちバイクの話しも出来る日が来るかも知れませんので、長い目で一つ、よろしくお願いします。

で、今回もバイクネタではありません。写真の話し。

ホンダの公式サイトに掲載されている「愛車撮影講座」を参考に写真のテクについてちょこっと勉強してみました。

「ホワイトバランス」と「露出」。難しい仕組みはよく分かりませんが、写真の明るさや色調を変えるテクニックについての記事を読みながら、手持ちのデジカメで試してみました。

露出をオートにして、ホワイトバランスを変えてみると

Whitehakus Whiteas          

Wthitesuns

左から、ホワイトバランスを、オート、白熱灯、太陽で撮影してみました。ずいぶんと印象が変わるものです。

これを使うと、曇空を強調した写真とか、春のやわらかい緑を出す、とか写真の雰囲気作りに役立つそうです。

昔から比べると、高機能のデジカメを安く手に入れられるようなったのですから、写真のことをもう少し勉強して、活用したいものです。

なんでもかんでも「AUTO」で撮影してたのをちょっと反省してます。

2008年6月18日 (水)

ブログ開設一周年にあたって

ブログを始めてもうすぐ1年になります。

1年前は四捨五入して40代だったのが、今は四捨五入すると50歳になってしまいました。

最近、バイクに跨る間隔が開いてきている気がするし、「俺ももうすぐ50かぁ」なんて思うと、急に老け込んだ気分になってしまいます。

いかんですなぁ、こんなことじゃ。

今年、自分に課したキーワードは「動く」でした。40代後半に突入するに当たって後退した人生にならないよう、とにかく動く。

で、最近、また一つ新しいことを始めました。ヨガ教室。

20代の頃と違って、バイクに乗るととにかく体力が消耗します。それを少しでも緩和するためにも何かしなければと考えていたのですが、あまり激しいトレーニングはかえって逆効果。とりあえず流行のヨガでも、と言うことで。

で、今日、仕事の帰り、行ってきました。とあるスポーツクラブの1プログラム。とにかくこの堅いカラダがどこまでできるか、とちょっと不安でしたが、ポーズの完成度を他人と競うものでもないので、マイペースで1時間、ヨガの雰囲気は体感できました。普段使わない筋肉を伸ばしたり、或いは負荷をかけたりを急激ではなく、ゆっくり無理をせずできて、とてもリラックスできて、これならしばらく続けられそうです。

せっかく始めたバイクでの城巡り、そしてこのブログを少しでも長く続けるためにも、健康法にも気を配っていきたいですね。

2008年6月 8日 (日)

相模の国に進出

平年より6日ほど早く関東地方にやってきた梅雨前線が一休みしている間に、久しぶりに城巡りのツーリングに行ってきました。

これまで回った城跡を振り返ってみると

下総国:千葉城、関宿城、佐倉城

上総国:久留里城、館山城

武蔵国:岩槻城、忍城(おしじょう)、川越城、鉢形城(はちがたじょう)

といったところです。千葉と埼玉の城跡で有名なところはこれでほとんど回りました。

で、今回は東京の城跡で、ツーリングコースになりそうなところと言うことで、八王子城跡を目指しました。Imgp0441s

朝8時に出発して、都心を抜け甲州街道をひたすら西へ向かいます。

高速を使わずに下道で行ったために、所々渋滞にはまったり、甲州街道を右折する場所を間違えて昭和天皇陵に入ったりしながら、到着したのは11時過ぎ。Imgp0440ms

八王子城は、北条氏康の次男氏照が天正10年に築いたとされています。築城の2年前、氏照は信長への使者として送った家臣から、安土城の壮大な様子を聞き、それに匹敵するような城づくりを目指したのでは、との説を唱える人があるくらい、氏照が力を入れた城とされています。Imgp0453s

八王子城は戦国期最後の山城とされており、城山川を渡る曳き橋の先には政務を行う後主殿があり、その先の山の頂上には本丸があります。Imgp0456s

秀吉の北条征伐に際しては、前回のツーリングで訪問した埼玉の鉢形城の次に落とされたのがこの八王子城で、一月近くかかっての鉢形城攻略を責められた上杉、前田の連合軍は、天正18年(1590年)6月23日明け方より猛攻を開始し、主氏照不在の城はその日のうちに陥落しました。城主氏照は後に北条家4代当主氏政とともに秀吉により切腹を申しつけられることになります。

城跡の全てを回るには半日がかりのハイキングコースとなっていて、全てを回ることは避けましたが、新緑の中、ホトトギスがしきりにさえずっていて、森林浴も兼ねた歴史散歩が楽しめるコースでした。

さて、甲州街道を八王子まで来たら、そのすぐ先にはバイカーのメッカ、大垂水峠があります。「ツーリングまっぷる」にも「ローリング族多し」とありましたが、バイク人口の減っている昨今を反映してか、バイクでコーナーを「攻めている」ような姿は全く見られませんでした。Imgp0459s

その先には日本で初めてのダム湖、相模湖があります。

中学校の遠足で「相模湖ピクニックランド」に来た記憶があり、そのころは観光地として随分にぎわっていた印象だったのですが、今は休日でも静かでした。

途中、高尾山口で昼食をとって相模湖に着いたのが1時半。帰路に就くにはまだ早い。近くに城跡は無いかと地図を見ていると目に付いたのが、相模湖の隣の津久井湖畔にある津久井城跡。事前に何も調べてないのでどんなところか分からないけどとりあえず向かってみることに。

相模湖から国道413号を東へ30分ほど走ると、見落としそうな「津久井湖山城公園」の看板が。Imgp0463s

津久井城の始まりは、鎌倉期、三浦一族の筑井為行による築城とされますが、戦国期には北条早雲家臣、内藤景定が整備したとされます。

山城の跡は全体が公園の一部となっていて、デッキ式の歩道も整備されています。Imgp0464s

偶然立ち寄った城跡でしたが、ここも戦国期の関東覇権争いには重要な役割を果たしたことを知り、ちょっと感動です。

津久井城から南へ3キロ離れたところに三増峠があります。そこは関東進出を目指し北条倒滅を目論む武田信玄と、関東の覇者北条氏康が戦国史上にのこる山岳戦を繰り広げた場所でもあります。Imgp0466s

永禄12年(1569年)、小田原攻めを諦めた武田信玄は、その帰路、三増峠で北条氏照、氏邦の軍勢に迎え撃たれ激戦となるも、津久井城を囲むことで退路を確保することが出来ました。

これに先立つこと8年前の上杉謙信による小田原攻め失敗の二の轍を踏ませようとする氏康。関東にその武威を響かせる目的を達して引き上げる信玄。武蔵、相模、甲斐の国境が接近するこの地で、両者の権謀術数が激突したのもうなずける気がします。

今日はずっと一般道(しかも都内の)を走ってたせいか、時間の割には走行距離は伸びませんでした。本日の走行距離、182キロ。

それにしても渋滞路は左手が疲れます。一日経った今でもまだ痛いです。

Hatioujimap

帰り際、都内の代表的な「城跡」として、江戸城跡を写真に撮りました。

一番奥に見えるのが半蔵門です。Imgp0469s

今日はこれで城跡3カ所回ったことにします。

冒頭に上げた表に「相模国:津久井城」も加わりました。

2008年6月 2日 (月)

え!?もう梅雨入り?!

今日、関東甲信地方は梅雨入りだそうです。新緑の季節に、ツーリング行けないままに梅雨入りになんて、と嘆きたくなります。

ツーリンググッズは少しずつ揃えていたのに。。。

Imgp0434s 新しいヘルメット。(結局以前のと同じブランドにしてしまいましたが。)

Imgp0435s 春夏用のライディングパンツ。パーツメーカーで有名なデイトナ系列のアパレルブランド、HenlyBeginsの新作。

Imgp0436s

膝下のファスナーを外すと短パンになる優れ物です。

いつも仕事帰りに立ち寄る駅の本屋で見つけた、ツーリングガイド。

Imgp0437s 旅心をそそる記事ばかり並んでます。

なのに梅雨入りなんて。。。

ここのところ首都圏は、8週連続で土曜日が雨になっているそうです。ふーむっ、道理で走ってないはずだ。

でも、梅雨の晴れ間もきっとあるはず。いつでも思い立ったら走り出せるように、仕事も体調も整えておこう。こういうときこそ自営業者の強みを発揮したい物です。「備えよ常に」。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ