« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月26日 (土)

梅雨明け十日

梅雨が明けて十日ぐらいは晴天が続きやすいそうですが、バイク乗りにとっては暑さとの戦いの日々がやって来ます。

で、梅雨明け前になりますが、先週、日帰りでツーリング行ってきました。行き先は小田原、箱根。(ツインリンク茂木はこの次にします。

Imgp0496s

ところで、ツーリングの前日にちょっと買い物をしました。

Imgp0523s カメラの小型の三脚と、

Imgp0521s

デジカメをクリップで固定する道具です。

上の三脚を使って撮った写真です。Imgp0511s

場所は箱根ターンパイク(今は「トーヨータイヤターンパイク」と呼ぶらしいです。)の駐車場。小田原市街は相当な暑さでしたが、山の上はかなり涼しいですね。平日でしたが、バイカーを何人か見かけました。

デジカメのクリップは、ベルトポーチなどに固定して走行中の写真を撮ろうと言う目論見で購入したんですが、あまりうまくいきませんでしたね。Imgp0519s

海を見ながら走る真鶴道路がとても気分が良かったので試してみましたが、指が邪魔して失敗でした。

今回のツーリングは暑さでへろへろになりました。特に帰路の首都高3号線の渋滞。都心を抜けるコースは夏は地獄です。次は涼しいところを目指そう。(この日の走行距離280キロ)

(小田原城は後北条の本拠地ですが、それについて書き始めるとまとまらなくなりそうなので、今回は城、歴史の話しは割愛します。

2008年7月 8日 (火)

晴「走」雨読 CBヒストリー

前回の日記で掲載した「ホンダCBストーリー」(三樹書房)を読み進めてます。

「日本のモーターサイクルの歴史そのものと言っても過言ではない(著者)」HONDA CBの変遷をその黎明期から取り上げた保存版の一冊です。

まだ読み始めたばかりですが、「へぇ~」っと思ったことがいくつかありました。

■「CB」の名称の由来…これはCLUB MANの「C」と「B」から付けられたらしいです。なんでC・Mじゃないんだろう?CLUB MANの略称だったらCMを想像するのが普通だろう。)

■欲張りなコンセプト…1950年代後半に開発されたCBのコンセプトは「スポーツ車であるがツーリング用、ドラッグ、ロード、ダート用のパーツも用意、レース出場も出来る公道走行車」が開発テーマだったそうです。

今の感覚で言うと、「そんなの無理でしょ!」と言いたくなりますが、当時は舗装道路もまれで、多分レースのコースも一般道もそれほど路面に差がなかったような状況だったことを考えると、そう言うコンセプトもありだったんだろうなーと。

■HONDAと言えば4サイクルエンジン…ですが、ホンダも最初は2サイクルエンジンだけを生産していたそうです。ところが本田宗一郎社長の

「2サイクルエンジンは排気音がどうも頼り無く、気にくわない」

の鶴の一声で1952年に最初の4サイクル車が発売されることになったそうです。うーむっ、さすが本田宗一郎、理屈よりも感性で決めちゃう、で、それがまた成功しちゃうんだからすごい。

■神社仏閣スタイル?!…そう呼ばれたデザインの車種がCBの黎明期にあったのをご存じの方はHONDAマニアか、オールドファンです。1957年に売り出された「ドリームC70」と言うマシンは、日本の神社や仏閣の持つ造形美をモーターサイクルに盛り込もうという本田宗一郎のイメージを商品化したものだそうです。

今風に言えば「和のテイストを盛り込んだデザイン」とでも言うのでしょうが、「神社仏閣スタイル」とか言われると、和尚さんが袈裟着て法事巡りに単車を走らせているのをイメージしてしまうのは僕だけでしょうか。

それにしても読み進むほど奥の深さを感じる、CBの歴史、HONDAの歴史です。

次のツーリングコースはツインリンクもてぎの「ホンダコレクションホール」に決まりです。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ