« 音楽にも出会いがある | トップページ | 一皮剥けたツーリング »

2009年10月 9日 (金)

台風のせい?

ブログの連続更新が途切れてしまった。

だからなんだってこともないんだけど。誰かに約束したわけでも、何か得することが有る訳でもないんだけど。

まぁ、強いて言うならば、自分に挑戦、ってやつですか、何日休まずブログ更新できるか。

記録は12日間。

昨日は台風の影響で、午前中電車が動かなかったので昼近くに自宅を出たら、駅へ向かう途中の住宅街で珍しいやつに遭遇した。

091008_1109021s 子供の頃、僕の住む地方ではこいつを「マッカチン」と呼んでいた。

アメリカざりがに。昔はそこら中の田んぼにこいつがいたもんだけど今や希少な存在になってしまったらしい。

戦後食用にと持ち込まれたのが野生化して、田んぼの稲をその強力なはさみで切るなどの悪さをするために害獣と扱われていたが、一方でカブトムシやクワガタと並ぶ子供達の人気者。

駄菓子屋で買ったさきいかを餌にして、よく釣りに行ったのを思い出す。

僕の知り合いで子供の頃、これを焼いて食したことがあると言う人がいるが、僕はさすがにそれはしなかった。

そのマッカチンが何故、どこから来てどこへ行こうとしていたのか、道の真ん中でじっとしてた。

台風の中、公園の池から50メートルほどのこの地点まではるばる歩いてきたのか、はたまたどこかで飼われていたものが逃げ出してきたのか。

台風一過の珍事である。

« 音楽にも出会いがある | トップページ | 一皮剥けたツーリング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

毎度です
身の回りで台風の被害が無かった事で「ホッ」としています
我が家は市川で有数の洪水地帯ツーリングを控えて気が気でなかったですが…何とか天気も回復して蔵王に期待が膨らみます
神経を痛めているので流石に3日間全身が痛くて…ツーリング行けるのかと思いましたよ
ザリガニですけど「真っ赤ジン」と呼んでましたよハサミが大きく赤い奴で脱皮したばかりのを「ぶよ」(軟らかくぶよぶよしてたので)と呼んでました
外来種ですが初めに日本に持ち込んだ人は食用としていたのは自分も聞いた事が在ります
ちゃんと覚えてませんが「田中」と言う人が絡んでいたような学名にタナカ…何とか言っていたような
田んぼで増えてしまったザリガニとは品種が違ったと思いますよ アメリカザリガニコイツは戦後に増殖したと聞きました輸入した何かと一緒に船でやって来たとか…
良かったらPCで調べて見て下さい
それでは楽しい旅になるように宜しく

台風一過って「台風一家」だと思ってたのって私だけじゃないですよね・・・・

kazzさん、コメント、ありがとうございます。

なるほど、僕もちゃんと調べた訳じゃなく、俗説を書きましたが、なんにでも正確な由来というモノがあるんですね。

ソプラノ♪さん、どうもです(/ ^^)/アリガトネ

台風一家、縄張りはフィリピン沖から、東シナ海、極東地域まで、といったところですか。

世界最強の“一家”ですな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風のせい?:

« 音楽にも出会いがある | トップページ | 一皮剥けたツーリング »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ