« こいつがゴリラ | トップページ | 未完成の魅力 »

2009年11月20日 (金)

「お上」と言うフィクション

時代劇が好きな日本人は多い。

僕も「水戸黄門」はさすがに見ないけど、「鬼平犯科帳」は原作も読んだし、中村吉右衛門の「鬼平」は原作から飛び出てきたような役作りで今でも好きだ。

また2年ほど前にNHKでやっていた「柳生十兵衛七番勝負」は全部見た。

日本人の時代劇好きの精神的背景には「お上信仰」があると言われている。

庶民が困っていると「お上」は必ず助けてくれる、「お上」は常に弱い者の味方で間違ったことを正してくれると言う願望。

そう言う願望が時代劇には反映されている。「水戸黄門」しかり、「大岡越前」、「暴れん坊将軍」しかりである。

悪者を退治する際には必ず「葵の御紋」をバックに成敗する。

ちょっと前のブログでも書いたけど、アメリカ人は政府さえ信用しない。政府が市民に銃を向けた時に戦う権利を守るために銃を持たせろ、と言う発想。

「それは行き過ぎだろ」と思っていたけど、最近少し考え方が変わってきた。

そう、「お上信仰」はやはり「信仰」でしかないと。

役人だって間違うし、自分たちの利益を一番に考えることだってある。その場合にはやっぱり自ら「銃」を持って戦う気概がないといかん、って。

最近、身を以てそれを経験している。「鬼平」や「大岡越前」はやっぱりお芝居の中のお伽話でしかない。

あ!だからせめて芝居やお伽話の中でくらいは、「頼れるお上」がいて欲しいから、みんな時代劇が好きなのか!

「でも、フィクションと現実は厳然と区別が必要だな、今更だけど。

そう言えば「泣く子と地頭には勝てぬ」と言う諺もある。昔の人は当然現実を正しく認識してたってことか。

« こいつがゴリラ | トップページ | 未完成の魅力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お上」と言うフィクション:

« こいつがゴリラ | トップページ | 未完成の魅力 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ