« 春を前にStabllizer 装着!! | トップページ | 今年も追われてます。 »

2010年2月17日 (水)

一人じゃ頑張れない

なんにでもライバルは必要。

川中島の舞台には、武田信玄と上杉謙信が必要だったように
巌流島で宮本武蔵が待たせる相手は佐々木小次郎でなければ絵にならないように
眠狂四郎には白鳥主善※が、拝一刀には柳生烈堂※※が敵役としてふさわしいように
#分かりづらいたとえで恐縮ですが

※柴田錬三郎「眠狂四郎 無頼控」
※※小池一夫「子連れ狼」

どんな世界でも好敵手の存在と言うのは、お互いを高める上で必要だと思う。

一人きりで威張って見ても、つまらない。

そして日本の、世界のバイク業界での好敵手と言えば、ホンダvsヤマハがあげられる。

80年代、この両社は「HY戦争」と呼ばれる熾烈なシェア争いを繰り広げた。年間に数十というニューモデルの発表をしたり、安売り競争をしたりと、バイク業界ナンバー1を掛けて、しのぎを削ったことがあった。

あの頃学生だった僕は、「今月はどんなニューモデルが出るんだろう?」とバイク雑誌を楽しみにしていたものだった。

話題の中心となるのは当然ホンダとヤマハのニューモデル比較。
“ヤマハ党”の僕は当然ヤマハのニューモデルをチェックするけど、でもホンダの中にも「いいなぁ、これ」と思えるモデルも沢山あった。
「戦争」だとか何とか言われながらも、ライバルがいて元気だったから、バイク業界が活気付いていたんだろうと思う。

そのヤマハ発動機が大赤字だと言う。営業ベースで600億!

今、ヤマハの中で一番僕が欲しいと思うモデルに換算すると、6万台分だ。

Contentphotobigphotoxa3 そう考えると、ものすごい数字だ。世界的な需要の落ち込みとか、色々原因はあるんだろうし、HY戦争当時のような活気を取り戻して欲しいとまでは望まないけど、日本が誇るバイクメーカーとしてなんとか生き残って欲しい。

#安い人件費だけを売りにしている、あの国の企業に買収されるような事態にはなって欲しくないなぁ#

« 春を前にStabllizer 装着!! | トップページ | 今年も追われてます。 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

浅田真央ちゃんとキム・ヨナみたいないいライバルですね

ソプラノ♪さん、まいど

タイムリーなコメント、どうもです。
スポーツこそ好敵手の存在が、大事ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人じゃ頑張れない:

« 春を前にStabllizer 装着!! | トップページ | 今年も追われてます。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ