« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

ヘルメットをね

新調したんですよ、最近。

フルフェイスのヘルメット。今まで被っていたのはジェットタイプ。
フェイスガードを装着すると擬似フルフェイスになるけど、擬似は飽くまでも擬似で、厳密な分類はジェット。

で、冬は寒いからその「擬似フルフェイス」、夏はフェイスガードを取っ払ってジェットタイプで二役でお得なヘルメットのつもりでいたんだけど、そのフェイスガードをつけるとどうも、耳の辺りが痛くなる。我慢できるのは1時間半まで。

以前から気になっていた“症状”ではあるんだけど、二役のお得なヘルメットだからと言うことで耐えていた。
わざわざ新しくフルフェイスを買うのももったいないし。アライやショウエイのを買うと4,5万円はするから。

でも、痛いヘルメットをかぶり続けるのもいい加減嫌になったので、善後策として少しグレードを落とした安いヘルメットを選択することにした。

規格はスネルが一番とか、JIS2000がどうとか、細かいことを言えばヘルメット一つ選ぶにも相当悩ましい要因があるんですが、僕レベルのライダーだと、被りごごちとデザインと、そして値段が大事。

ホンダオリジナルのブランドRheosで出ているRF1(実はOGK製)

Rf1silver_2

これを毎度お世話様の新和モーターさんのカスタマー職人カズさんにお願いしてステッカーチューンしてもらったのが↓

Dscn0242s Dscn0244s Dscn0246s 黒のライン取りと、後頭部のテクニカルスポーツのゴールドが気に入りました(カズさんどうもでした)

久しぶりのフルフェイス。昔のフルフェイスに比べると、内装の素材とかが進化しているせいか、フィット感が違う気がした。頬の肉がちょっと締め付けられる感覚があったりして。

この製品のポイントは、内装に眼鏡を通すスリットが入っている点。
ふーむっ、“中高年使用”と言う事なんだろう。ふーむっ、ちょっと複雑。
でも良くできてる、悔しいけど。値段もお手頃だし

2010年4月23日 (金)

ローテンションなブログ

週末、走りに行けないと、その次の週はテンション下がっちゃいますね、どうも。
ブログを更新する気分も無くなります。

それにこの天気。例年だとこの時期には衣替え第一段を終えてストーブも仕舞っているのに、今年はまだがんがん燃えている。石油も買い足したりして。

去年の今頃はもっと気温が高くて、ETCを装着したりしてたなぁ。そうそう、新型インフルエンザの対応で世の中騒ぎ始めたのも去年の今頃だった。
流行する前に家族でのタイ旅行行けて良かったけど、その後身近に流行が発生して何かと苦労させられたなぁ。

今年はそんな騒動も無さそうだけど、この気候で野菜が値上がりしたり、ガソリンもじんわり上がってきたりで、なんだか不穏な春だ。

不穏な春だけど、バイカーは性懲りもなくバイクのことばかり考えて新しいヘルメットを購入したりするわけです。
#写真は後日掲載します。#

またぞろ仕分けが話題だけど、こちらは仕訳される前に既成事実を作る、と言う戦法ですな。

明日は久しぶりに晴れるようだけど、どこか走りに行けるかな。

#1週間振りのブログはテンション低くて我ながら欲求不満だけど、深キョンのドロンジョ様が色っぽかったから、まぁいいか、今夜はこんなもんで#

2010年4月16日 (金)

あれ?洗練されてきた?

何かと話題のHONDAのニューモデル、CB1100ですが。

東京モーターショーでのモックアップモデルに比べて、色んなところが安っぽい作りになってるとか、ヤマハのSRにルックスが似ているとか、いやあれは実はハーレーのスポスタを仮想ライバルとしているとか。

色々言われているCB1100ですが、HONDAの公式サイトでの扱いを見るとその力の入れようが伝わってくる。

特にプロモーションビデオがいい。

http://www.honda.co.jp/CB1100/pv/

とても洗練されている。この手のビデオはヤマハが得意としていた気がするんだけど、今回はそれを越えている。

ロケ地はどこだろう?左側通行の国だからイギリスか、ニュージーランドか。

ライダーのファッションも大人な感じで好感もてる。
モデルが着用しているレザーのジャケットは、きっとPAIR SLOPEの“ライダーズショートコート”
Dml82le #いいっすねぇ、こういうディテールも手を抜かないところがいいっす

ガレージから出てくるところや、街中を走っているシーンもお洒落でいい。

こういうの見せられちゃうと、「あれ?、意外といいじゃんこれ!」って思っちゃいますね。
HONDAさん、やればできるんじゃん!!
って。

これは売れるかも。
#え?僕ですか?うーむっ、、、、まっ、もうしばらくはナナハンで#

2010年4月14日 (水)

ゴールドだ!

大型自動二輪免許を取得してから早4年。免許の更新に行ってきた。

何故4年後に更新なのかと言うと、大型バイクの免許を取る1年前にそれまでの免許の更新をしていて、違反がなかったから。
で、その後も、無事故、無違反だったらしく、更新のお知らせには「優良講習」とされていた。

?確か去年、駐車違反で、反則金を払った記憶があるが、あれは違反に数えられないんだろうか?

と、そんな疑問でもすぐに“検索”で調べられるのが、ネットのすごいところ。
違反をしてもそれが軽微なものだと、その後3ヶ月無違反であれば点数を0にしてくれる、と言う仕組みがあるらしい。

「お上にもお慈悲はあるのだぞ」

「へへぇえ、ありがとうごぜいやすだ、御奉行様」

「うむっ、これにて一件らくちゃ~く」

と言ったところか。

“軽微”と言うのは軽くて微かなこと。駐車違反は軽くて微かなんだろう。軽くて微かな違反なら見逃してくれてもいいじゃん、って思うけど。
#反則金は決して軽くて微かな金額じゃなかったけど#

何はともあれあれから4年も経った。

大型バイク免許を取って一年後にはナナハンに乗り始め、それと同時にこのブログも始まり、そのナナハンもとうとう走行距離1万キロを超えて、しかも色んなところをカスタマイズして。
なにより大きいのは、40才過ぎて大型バイクに乗り始めて、この4年間、無事故でここまで来れたことだと思う。ちょっとお祝いしたい気分にさえなる。

5年後に来る次の更新時は50才を越えている。その時も同じように無事を祝いたいものだと思う。

で、この4年間の無事を祝うかのようなゴールド免許。
これで任意保険が少し安くなる。更新期間は5年。それから、、、他に何か良いことあるかなぁ?

SDカードというのも申請できるらしい。昔はこれを持っていると違反の時に目こぼししてもらえる、と言う根拠のない噂が流布されていたSDカード。

違反を見逃してくれると言うのはあり得ないけど、なんだか色んな店で割引を受けることが出来るらしい。

例えば、

ロッテリアでドリンクが100円になるとか
紳士服のコナカで10%割引とか
マザー牧場、鴨川シーワールドが入場料2割引とか
千葉銀のマイカーローンの金利が0.2%安くなるとか
その他諸々

あっ、スパ三日月龍宮城の入場料1割引なんてのもある。
ホテル三日月と言えばやっぱこれでしょ

Kaiun_kin

ふーむっ、せっかくのゴールドだからね。特典はゴールドらしく受けたいものですな

2010年4月12日 (月)

ボランティアとはいえ侮れない

ここ数年来に無いくらい長持ちした桜の花も、ようやく葉桜になり始めて、世の中日常に戻ってきた。
今年もきっとあちこちで“新人”と呼ばれる人たちの、新しい環境での日常が動き始めているんだろう。

僕が関わっている「とあるボランティア活動」でも、この季節には人の入れ替わりがあってちょっとした卒業式気分を味わうことになる。

一週間前の“卒業式”では7人、上のクラスへと上がっていった。

昨日1週間振りに見た彼ら。
真新しい制服に身を包んで、そのきびきびした動きには、静かな感動を覚えさせられた。ついこの間まで「日本語が通じない」と大人達を嘆かせていた、その同じ子供達とはとても思えなかった。

Dscn0222s Dscn0224s 教育者の醍醐味、と言えばその道のプロに笑われるだろうか。
いや、そうでもないだろう。アマチュアだからこそ、ボランティアだからこそできる“教育”だってある。その成果が昨日の憶えた感動だと思う。

ボランティアだからって、そう馬鹿にしたものじゃない。

2010年4月11日 (日)

今度は乗れた♪

一ヶ月前の下見を受けて、昨日、東京湾フェリーに乗ってきた。

本当は午前中に出かけたかったんだけど、色々と家庭の都合で結局は昼近くの出発。
フェリーの時刻表では1時間に1便は出ている。本日の運行状況もチェックしたので、今回は大丈夫なはず。

気温も20度を超えそうだったけど、バイクに乗ると体感温度が下がるから、一応革パンツの下のタイツと、念のためのフリースは欠かせない。

前回苦しめられた風は、無風とまでは行かなかったけど、高速を降りるほどじゃなかった。すると今度は、市原を過ぎたあたりからポツポツと小雨が降ってきて、「また引き返さなきゃかな」とちょっと弱気にさせられた。

それも金谷に着く頃には止んでいて、しかもフェリー乗り場に着いたら5分後に乗船開始と言う、まるで計ったようなタイミングで念願のフェリーに乗ることが出来た。ラッキー

S Dscn0210s フェリーには当然定員があって、バイクは18台。そんなんじゃすぐ満車になっちゃって乗れないんじゃないか、なんて心配は全く無用だった。客室も写真の通り、がらがら。

Dscn0213 行き先の久里浜は自宅から行っても多分空いていれば2時間かからないでいける距離。電車でも多分2時間以内で行ける。それをこうしてわざわざフェリーに乗っていくなんて、すごく贅沢だと思う。Dscn0215s

「あぁ、ちょっとした“旅”の気分だなぁ」なんて思ってたら、乗船時間約30分で久里浜港に到着した。

#もうちょっと乗っていたかった#

久里浜に着いたのがすでに2時半を過ぎていたので、取り敢えず三浦海岸沿いを走って三崎港でマグロの切り身を買って、あとはひたすら走って帰っただけだった。
#やっぱりツーリングは朝早く出ないとどこも見られない#

でも、まぁ、この春は幸先良く2週続けてツーリングに出かけることが出来て、気分がいい。
来週は何処へ行こうかな
あっ!来週は土日、あのボランティア活動だ

2010年4月 7日 (水)

バイクに似合う音楽

それはなんと言ってもJ-WALKだと思う。

初めて聞いたのは18年前。その頃はバイクを降りて数年経っていたけど、彼らの曲を聴きながら、「またいつか単車に乗る日がきっとやってくる、きっと乗ってやる」と心に誓っていたものだ。

そんな昔に聞いていたCDを引っぱり出してきて久しぶりに聴いてみた。

憧れや目標とかって、持ち続けているうちは夢中で追いかけていてそのことばかり考えているけど、一度達成されてしまうと、「なんだ、こんなものか」と気持ちがしぼんでしまう。

憧れ続けた大型バイクを乗り回せるようになって、それがどんなにラッキーなことかを忘れかけている最近。

そんな自分に渇を入れたくて、久しぶりにJ-WALKを聴いてみた。
#ボーカルが何かとお騒がせだけど

一番バイクに似合うと思う、お気に入りは、1987年発売のアルバム「JUST BECAUSE」に収録されている。Dscn0206s

タイトルはずばり、「俺のv-twin」

“Weekendはおきまりの 背中に夕陽浴びながら
FreeWayで風になる”

“ワン・シーズン働いて やっと手にしたV-TWIN
俺の自慢
オープン・ロードをひたすらに走り続ける
何処までも 地平線の彼方まで”

そうそう、このフレーズが描く光景に、自分を重ね合わせて、痺れていたものだ。

あの頃の気持ちを思い出しながら、今週末は“風”になろう
#くぅーっ、決まったあ

2010年4月 6日 (火)

新しい季節は、なぜか切ない日々で

日本には“新しい年”が年に2回巡って来る気がしませんか?

お正月と、4月。

世界共通の暦で年が改まるお正月に合わせて新年の挨拶を考えたり、“一年の計”を立てたりする。

冬が終わって桜の季節になると、今度はいわゆる“年度”が改まって、送る言葉や祝辞を考えたり“年間計画”が始まったりする。

いっそのこと一つにまとめた方が手間が省けてよくないだろうか?と言う意見を持つのは少数派だけろうど。

個人で小さな会社を経営する人の中には会社の決算を暦年にしてしまって、自分の確定申告と、会社の決算を同時にやってしまう、と言う人も少なからずいる。

でもそう言う人が世の中の多数派になったら、役所も学校も会社も、暦年で年度が改まるってことになったら、年末年始は大変なことになるかも。

12月に入ったら卒業と、お正月と、入学の準備をして、、、、さらには会社の決算や予算のことも考えて、、、

こりゃあてんやわんやですな

考えただけでも脳みそハングアップしそう。

やっぱり“新年”と“新年度”は、始まる時期をずらした方が、ナニかと都合が良さそうですね。

ようやく咲きそろった桜の花を眺めながらそんなしょうもないことを考えたりするんだけど、今年はここ数年に比べて、桜の花の散るのが遅いような気もする。

僕が子供の頃は、学校の入学式の時期に散り始めるのが普通だったけど、気候の温暖化が言われるようなってからは、3月中に満開を迎えて4月には散ってしまうと言う傾向が続いていた。
でも今年は昔に戻ったような感がある。各地で入学式が行われている昨日、今日でもまだ満開の桜を見られる。

自宅の近くの大学でも今日が入学式のようで、黒いスーツを身に着けた若者を大勢見かけた。でも、なんだか初々しさを感じないのは、僕の年齢のせいだろうか。

いや、それは僕の年齢のせいではないと思う。彼らの茶髪率の高さにある。
明るい春の日差しの下、桜の花が舞い散る中、なぜか夜の繁華街を歩いているような気分になるのは、僕だけだろうか。

2010年4月 3日 (土)

花は桜木

花にはほとんど興味がなかった。
梅が2月頃咲いて、桜が3月末から4月の初旬で、ひまわりは夏の花で、コスモスは秋、サザンカは♪赤く咲いても冬の花♪、くらいのことは知っている。大人の常識として。

でも、その花の季節だからと言ってわざわざその花を見るために、その名所に出かける、なんてことは全く興味がなかった。

いわゆる「お花見」も僕にとっては例外ではなく、そりゃあ季節になりゃあ咲くだろう、だからってそんなに騒がなくてもいいじゃん、くらいにしか思ってなかった。

でも、今回は何故か急に花見に行ってみたくなった。と言っても一人でだけど。

行き先は埼玉県幸手市。権現堂堤。Dscn0188s 約1キロにわたり3千本の桜並木がある桜の名所として知られているこの場所は、子供の頃家族で花見に来たことのある思い出の場所。

Dscn0189s あの頃、花見は僕の家族にとって、夏の海水浴と並ぶ一大イベントだった。多分ここを訪れるのは、その時以来だから約40年ぶりのことだ。

Dscn0183s 近くには新しく権現堂公園が整備されていた。

そう言えば僕は父親になって子供を花見には連れて行ってない。でも彼らももう家族での花見を喜ぶ年齢でもないか。
#それにもっと金のかかる旅行もさせてるし#

今日は自宅を朝、8時過ぎに出て、権現堂堤ではまだ午前中だったので、このまま帰るのはちょっともったいない。

埼玉県の東部に位置する幸手は茨城県との県境に位置する。

茨城県の西部には、関東の名族結城氏の結城城の跡があったはずだけど、ツーリングマップルには城跡は載ってない。でも「結城家廟」の文字はある。

と言うことで昼食の後、茨城県の結城を目指す。

Dscn0192s Dscn0197s 結城家御影堂にはたどり着いた。ここでも桜がお堂を彩っていた。

けど、結城城の看板は見あたらないので、仕方なく帰路に就く。
#なんか最近こんなんばっかだな#

帰りの坂東市の県道沿いに見つけた珍百景

Dscn0198s 思わずバイクを止めて撮っちゃいました。福禄寿さん、でしょうか?Dscn0200s 最近あちこちで七福神巡りが静かなブームらしいけど、それにしてもこれはでかい!

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ