« 花は桜木 | トップページ | バイクに似合う音楽 »

2010年4月 6日 (火)

新しい季節は、なぜか切ない日々で

日本には“新しい年”が年に2回巡って来る気がしませんか?

お正月と、4月。

世界共通の暦で年が改まるお正月に合わせて新年の挨拶を考えたり、“一年の計”を立てたりする。

冬が終わって桜の季節になると、今度はいわゆる“年度”が改まって、送る言葉や祝辞を考えたり“年間計画”が始まったりする。

いっそのこと一つにまとめた方が手間が省けてよくないだろうか?と言う意見を持つのは少数派だけろうど。

個人で小さな会社を経営する人の中には会社の決算を暦年にしてしまって、自分の確定申告と、会社の決算を同時にやってしまう、と言う人も少なからずいる。

でもそう言う人が世の中の多数派になったら、役所も学校も会社も、暦年で年度が改まるってことになったら、年末年始は大変なことになるかも。

12月に入ったら卒業と、お正月と、入学の準備をして、、、、さらには会社の決算や予算のことも考えて、、、

こりゃあてんやわんやですな

考えただけでも脳みそハングアップしそう。

やっぱり“新年”と“新年度”は、始まる時期をずらした方が、ナニかと都合が良さそうですね。

ようやく咲きそろった桜の花を眺めながらそんなしょうもないことを考えたりするんだけど、今年はここ数年に比べて、桜の花の散るのが遅いような気もする。

僕が子供の頃は、学校の入学式の時期に散り始めるのが普通だったけど、気候の温暖化が言われるようなってからは、3月中に満開を迎えて4月には散ってしまうと言う傾向が続いていた。
でも今年は昔に戻ったような感がある。各地で入学式が行われている昨日、今日でもまだ満開の桜を見られる。

自宅の近くの大学でも今日が入学式のようで、黒いスーツを身に着けた若者を大勢見かけた。でも、なんだか初々しさを感じないのは、僕の年齢のせいだろうか。

いや、それは僕の年齢のせいではないと思う。彼らの茶髪率の高さにある。
明るい春の日差しの下、桜の花が舞い散る中、なぜか夜の繁華街を歩いているような気分になるのは、僕だけだろうか。

« 花は桜木 | トップページ | バイクに似合う音楽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お花見大好きです
お花も団子も両方セットでお楽しみ
でも今年はお花見に行かれそうにありません。残念

そういえば
今日は『城の日』だったそうで!(厳密には、もう昨日ですね)
お城にも桜って似合いますよね~

ソプラノ♪さん、まいどどうもです。

城巡りを桜の季節に出来れば最高でしょうね。
弘前城とか松本城とか、あと上田城跡の桜も有名ですね。
そうそう、僕たちの地元の桜の名所も城跡ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい季節は、なぜか切ない日々で:

« 花は桜木 | トップページ | バイクに似合う音楽 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ