« 岡持ちならいいけど | トップページ | ユニフォーム »

2010年6月19日 (土)

車内百景

世の中いろんな人がいるなぁ、って今更ながら思います。

昨日のブログで取り上げた、子供を出前の岡持ちのように抱えてチャリンコこぐ母親もそうだけど。

毎日電車に乗ってると、これまたいろんな人を見かけますよ。今日はそんな話を3つほど。

【いろんな人その1-若者とは限らない】

ジベタリアンって言葉が話題になったのはもうかれこれ10年ほど前のことでしたか。コンビニの前だろうが、その辺の道端だろうが、電車の車内だろうが所かまわず座り込む人々。主に十代から二十代前半の若者達に多く見られましたね。
最近は以前ほどそう言う姿は見かけなくなりました。当時のジベタリアンも今では分別盛りの社会人の筈。

一月ほど前見かけたジベタリアンは、10年前は既に分別盛りの大人だったであろう年齢の女性。
場所は総武線の下り電車の車内、時刻は7時過ぎの比較的混んでいる時間帯。
扉の前に座り込んで何やら本を広げて鉛筆で書き込みをしている。
ちょっと覗き込んで見ると-関わるなよ、と突っ込まれそうですが-大○○記学校の文字が。
「。。。。。簿記2級テキスト、か。。。」
「なりふり構わず勉強するのは結構だけどさ、何もそんなところで座り込んでやらなくたって」
いろんな人がいます。┐(´д`)┌ヤレヤレ

【いろんな人その2-ちょっと応援しくなった】

それは、午後3時過ぎの比較的空いている時間帯の車内。
僕の向に座っている、割と小柄な中学生の男子一名。
周りの大人が携帯をいじってたり、居眠りしたりしている中で、一人黙々とノートを取っている。
「あぁそういえば中間テストの季節か、それにしてもえらいなぁ」
「俺は車内で単語カードさえも見なかったなぁ」
なんて、思いながら、「頑張れ、少年!」と心の中で叫んでいた。

【いろんな人その3-両側からは辛い】

朝の車内。うら若い女性がこっくりこっくり居眠りしている。
相当眠そうだ。
その隣男性も下を向いて目をつぶっている。
しばらく経つと女性は自分の首でその頭を直立に保つことが不可能になったようで、とうとう右隣の中年男性の肩に頭を預け始めた。
すると、不思議なことが起きた。
その中年男性の右隣に座っていた-こちらもこっくりこっくりしていた-、無精ひげを生やして流行のカンカン帽を被った若者(男性)がほぼ同時に、その中年男性の肩に頭を預けた!
つまりその中年男性はその肩に両側から頭を預けられる形になったのだ。
「これは重そうだな、両側からじゃなぁ」

いろんな人がいます。

« 岡持ちならいいけど | トップページ | ユニフォーム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車内百景:

« 岡持ちならいいけど | トップページ | ユニフォーム »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ