« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月23日 (木)

ディアゴスチーニ進捗状況

割と早いペースで発行されてます。既に第3号まで。

その後発売されたパーツは、シリンダーヘッドカバー、フロントホイル&タイヤ、そしてメーター。

100923_003s 100923_002s

うーむっ、バラバラなんですねぇ、これ。ちょっとずつでもオートバイの形が組み上がっていくものかと思っていたんですが、あっちこっちをちょっとずつ組み立てる。

100923_001s こうして並べて見ても、組み上がりのイメージが沸かない。多分相当な大きさになるんだろうな、と言うことは分かるけど。

それより何より、これをどうやって保管しておけば良いんだろう

それが一番の問題。箱も邪魔だし100923_004s

一緒について来る雑誌の方はそれなりに面白い記事が掲載されている。

このCB750FOURは、アメリカ市場をターゲットに開発されたこと。

そのために、「高回転で高馬力」のDOHCエンジンではなく、低回転から力強く、高速走行にも余裕のあるエンジンとしてSOHC並列4気筒を採用したこと。

それがアメリカ市場だけでなく、ヨーロッパ、日本国内で爆発的な人気を得て、特に国内のバイク業界全体に影響を及ぼすモデルだったこと等々。

このバイクは歴史に名を残すべきモデルなんだと、改めて認識できました。まさに名車。

これは残り77号、全て揃えて是非とも完成させねば

2010年9月17日 (金)

思い立ったら走り出そう

ここのところずっとなんだかフラストレーションが溜まっていましてね。

何故かなぁ?なんて考えるまでもない、理由は明白、バイクに乗れていなかったから。

と言うことで、さくっと行ってきましたよ、ソロツーリング。行き先は随分迷ったんですがね。昨日一日迷ったんです。

HONDAのホームページで取り上げている伊豆もいいなぁ。でも日帰りはきついかなぁ。

やっぱり前から行きたいと思っていた長野の上田城でも行っちゃうかな。
ちょっとグーグルマップで距離を出してみようかな。
これ本当便利だよなあ。
あぁ、片道230キロかぁ、往復で460キロ。これも日帰りはきついなぁ

いっそのこと泊まりで行こうか。。。。

あぁ、でも「冷たい視線」がなぁ。

などと散々迷った挙げ句、今朝になって急遽決めた行き先は走り慣れた房総半島。

目当ては大山千枚田と、「冷たい視線」対策の枇杷ゼリーゲットのツーリングだな。
などとつぶやきながら、自宅を9時に出発。

100809_045s 100809_046s 大山千枚田は東京から一番近いところにある棚田として最近人気の観光スポット。下の地図で言うと、「C」の辺り。
写真はあまり千枚田が写ってませんね。(^-^;

千葉国体で近く天皇陛下が来ると言うことで、路上整備をしていた人に声を掛けられた。
「CBナナハン、いいねぇ」

「どうも。おたくも単車乗ってるの?」

「うん、ZRX、カワサキね。このナナハンにしようか迷ったんだけどさ。これもいいよね、最後のキャブ車でしょ。」

「そうそう、良く知ってますね。。。。。」

と、見知らぬ人としばしバイク談義。

この後、近くの道の駅で昼食を済ませて、館山を目指す。地図のCからDの間は国道410号。国道とは名ばかりで所々道幅が狭く、しかもセンターラインがない区間もかなりあって、対向車に気を使いながら走る。

100809_048s 1時間ほど走ってたどり着いたのは、館山市北条海岸。子供の頃、家族で海水浴に来た想い出の海岸。100809_054s 今日は風も波もなく、気温も30度あって、ちょっと泳ぎたい気分になった。もちろん泳いでいる人なんか誰もいないけど。それに意外と水も綺麗だ。東京湾ってこんなに綺麗なんだなぁ、っと改めて感心。

ここで海を眺めながら小一時間ほど過ごす。

嗚呼、こんな時間を持てただけでも、来て良かった。

本日の走行距離、280キロ。いつも通り、ゆっくりした走りで、休憩も多めに取りながらのツーリングだったけど、やっぱり一日の走行距離としてはこの辺りが臨海点かな。300キロ越えるのは辛いな。

と言うことは、最初に行こうと思った“小諸城、上田城攻略”はやっぱり1泊しないと無理だな。

大きな地図で見る

2010年9月 7日 (火)

ここで会ったが百年目

今時はちょっと残業して帰っても、駅のショッピングモールには煌々と灯りがともっている。便利な時代だ。

飲食店以外にも、食料品売場、カメラ屋、衣料品、薬局、そして本屋も。

ちょっと覗いていこうかなぁ、ふらふらと。

するとどこからともなく聞こえてくる声。

「僕を買って行かないの?」

『誰だ?俺を呼ぶのは』

振り返るが、誰も声を掛けている姿は見あたらない。

「集めると楽しいよ、きっと」

『・・・誰だ?・・・!・・・お前か?!』

そこにはあの玩具付き雑誌が平積みになっていた。マニアックなジャンルだから、それほど大きくないこの本屋で平積みになっているとはちょっと意外。

気が付くと僕はその玩具付き雑誌を手にしてレジに並んでいた。

と言うわけで、この「雑誌」との長い付き合いの始まりです。

100809_004s これ、始めると途中で止められないんだろうなぁ
だって止めたらそれまでの労力とお金が全て無意味になるから。

80号で完成だって。100809_005s まぁ、ブログネタにはなるか。

2010年9月 5日 (日)

衰えません

ひどい天気、と言えば、例えばうち続く雨とか嵐とか、あるいは何日も降り続く雪とかを思い浮かべるけど、最近の“お天気”も「ひどい天気」と言いたくなる。

もう二十日以上雨が降っていない日照り。おまけに酷暑。

路面だけはスーパードライでいいかも知れないけど、この暑さの中、長袖長ズボン、おまけにグローブ、ヘルメットの出で立ちで外に出るのは相当気合いが必要。

と言うことでもう久しく遠出をしていない。

この暑さは、一向に衰える気配のない太平洋高気圧のせいだと言うことらしいですが。

衰えない、と言えば僕の物欲もこの暑さの中でも衰える気配を見せません。

相変わらず毎日バイクのことを考えたりしています。

41209 Machine 誰がなんと言おうとこれかっこいいよなあ、とか。

Issue_1_1_2 あぁ、デアゴスティーニも罪作りな雑誌を創刊しやがって、とか。

100809s 安くされるとつい手が出ちゃうよなぁ、とか

M000067378810204

こんなのあれば喫茶店やファミレスでもブログネタや、メールマガジンのネタも書けるなぁ、ちょっと小説でも書けちゃうかも、なんて妄想してみたり。

太平洋高気圧が衰える頃にはこれらの物欲も衰える、わけないか。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ