« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月22日 (月)

熱海ツーリング

10月末のツーリングの穴埋めというわけでも無いんですが、先週末、土曜日に、熱海まで遠乗りに行ってきました。

メンバーは2年ぶりにご一緒していただいたミスター日本の道(勝手に命名しました)ことMT君(マシンはカワサキZRX1200)と、ベテランライダーのnisiさん(マシンはホンダCBR1000)。

Dscn0659ss_2   Dscn0678ss

熱海と言えばかつては社員旅行、団体旅行のメッカとして大にぎわいの温泉地でしたが、今や経営不振でつぶれた廃墟の大型ホテルが痛々しい町並みになってます。

が、日本三大偽城の一つとして名高い熱海城は健在でした。その隣には、今や文化遺産と呼んでもいい秘宝館も健気に頑張ってましたよ、入りませんでしたけどね。
#素面で1700円の入場料はちょっと払えませんな#

Dscn0662s 熱海城も入場料は900円と決して安くはない(国宝姫路城は700円だそうです)んですが、まぁ話の種に覗いてみましたよ。

偽天守閣から見た熱海市街の風景は、まぁまぁでしたねDscn0665s

そのほかの展示物はねぇDscn0669ss こんなのとか

Dscn0675ss こんなのとか(あ!この3人は展示物ではありません、念のため( ̄○ ̄;)!

そうそう、地下1階にはこんなのもありまっせ、旦那( ̄ー ̄)ニヤリ Dscn0674ss_2

とか何とかいいながらもここで小一時間は潰してしまいました

その後、ツーリングマップルに乗っていた、網代の魚料理の店で遅めの昼食(美味かったですよ。他のお客が飲んでいたビールが羨ましかったですが)を取った後は三島方面へ進路を取り、帰路に。

ところで、今回のツーリングでは、MT君のお陰でとても楽しい経験をさせてもらいました。それがこれ。Dscn0681s バイク用無線機。MT君が1セット持参して貸してくれたものです。
バイクでのツーリングは、グループであっても走っているときは誰とも口を聞けず孤独なものですが、今回はこれのお陰でその孤独感から解放されて、とても新鮮なツーリングになりました。まるで以前に見た清水国明のツーリング番組を再現した雰囲気で本当に楽しかったです。MT君、ありがとうございました。

今回の走行距離は320キロ。帰りの首都高速の渋滞には閉口しましたが、終始風もなく、穏やかな天気で、最高のツーリングでした。やっぱりバイクは晴れの日が一番ですな。

2010年11月15日 (月)

和魂洋才

BSハイビジョンで「戸井十月 ユーラシア横断3万キロの旅」と言うドキュメンタリーを見た。
バイク乗りなら誰でも、オートバイでの旅をツーリングと呼ぶのは常識だけど、ここまでやるともう「ツーリング」なんて物じゃない。冒険だと思う。
60歳でホンダのアフリカツインを駆って、氷の天山山脈を越えていくなんて、凄すぎる。

ところでバイクでの旅をいつから「ツーリング」と呼ぶようになったのだろうか。

「旅」を和英辞書で引くと、一つじゃない。

trip、tour、travel、journey、voyage

それぞれ微妙に意味が違うようだ。

trip・・・比較的短い旅行、遠足

tour・・・観光や視察のための旅行

travel・・・旅行全般を指すらしい

journey・・・陸路の長い旅、再び帰ることは必ずしも意味しない

voyage・・・航海

この中でバイクの旅にふさわしいのはどれかと考えてみると、tripはなんかちょっとお手軽な気がするし、journeyやvoyageはドラマチックでかっこいいけど、今度は逆に大げさかな。
かと言ってtravelは普通すぎて面白くない。
やっぱりtourかな。

でもバイクでの旅が必ずしも観光や視察を目的に行われるわけじゃないし。
#あぁ、差詰め僕の城跡巡りなんかはまさにtourですな

うーむっ、改めて考えると、ツーリングというのはいかにも和製英語って感じがする。

この際、日本語で表してみたらどうだろう。
「バイクでの旅」じゃあ芸がない。

「遠乗り」って言葉はどうだろう。
オートバイは鉄の馬に例えられることもあるから、その旅を表現するならこちらの方が詩的でかっこいいかも知れない。

さて、今週末は「遠乗り」の予定だけど、天気はどうだろうか

2010年11月11日 (木)

先が見えてきた

今年も先が見えてきましたね。

果たして今年の冒頭に立てた目標は達成できたか。気が付くとそんなことが気になる季節になってきました。

確か、毎月一冊は本を読む、とか、今までやったことのない新しいことを始めるとか言ってたような気がするんですが。

まぁ、その件については年末のブログで“決算”しましょう。

先が見えてきた物と言えば、ディアゴスティーニです。
全80号のうちのまだ10号までですが、その大きさがイメージできるくらいにはなってきました。

その大きさが段々見えてきました。

101106_026s でかいです。問題は置き場所の確保だな。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ