« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

淡々と迎えましょう

今年はどんな一年でしたか?なんて話し、この時期になるとあちこちで繰り返し話題に上がって、もう食傷気味でしょうが、それでも問わずには居られない。

今年はどんな年でしたか?そして来年はどんな年にしたいですか?

昨日よりは今日、今日よりは明日、そして今年よりは来年、と先へ先へと思いを馳せるのは人情です。
そして、我が身を振り返ると「あぁ、やっぱり今年も早かったなぁ・・・・
と、虚しさを重ねる中高年、と言うのがここ数年続いてる。

年末に一年を反省し、年初に志を新たにして、また年末に反省して「来年こそは」と遠くを見つめて、、、って繰り返しにちょっとお疲れ気味の中高年。

そこで今年はちょっと思考を変えてみたい。

何故、年末に「嗚呼、やっぱり今年も・・・」と虚しさに苛まれるのかというと、年初に改めて何か目標を立てたりするからではないかと。

世間では年末年始、来し方行く末を巡って大騒ぎしてるけど、少し冷静になって、平常心で年末年始を迎えてみようかな、なんて抑制的に考えたりするわけです。

難しいけどね、生来のお祭り好きなもんで
節目は大事にしないといかん、とかずっと言い続けてきたしヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

でもね、
暦が新しくなるからと言って、何かが突然変わるわけではない。日々の積み重ねがやがて大きな変化になることを認識して、淡々と、この時期を過ごしてみたいな、と。

そう、積み重ねですよ、何事も。

こいつもね↓

101230_002s まだ、タンクとキャブレターとエンジンのヘッドカバーと、ハンドル、メーター、フロントフォークに前輪、そして右側のマフラー2本と言うバラバラのパーツ屋さん状態だけど。

毎週の積み重ねがいつかきっと
Issue_1_1
↑こうなるんだと信じて、来年を迎えたい。

と言うことで、2010年の「ナナハンざむらい独歩行-走り続けていなけりゃ倒れちまう-」はこれまで(キッパリ)」。

一年間、ご愛読感謝です。さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

2010年12月30日 (木)

1回は1回

間違えました。m(__)m
前回のブログの写真、「チタンフルエキゾースト」と言っておきながら、掲載した写真はステンレス製の商品のものでした。

モリワキ製CB1100用のメガフォンタイプ・フルチタンエキゾーストはこちら

Megaphone2titanium

色合いが違いますね。きっと重量も軽いんでしょう、ステンレスより。

#内容が前回の記事の訂正に過ぎなくても、ブログの更新として1回は1回ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ#

4本?2本?やっぱり1本?

親しい方には進捗状況を時々心配されているディアゴスティーニですが、大丈夫
着々と進んでおります。

時々買いそびれて、バックナンバーを探す羽目になりますが。

で、最近組み立ててるのはマフラー。エクゾーストパイプってやつ。
オートバイの性能だけじゃなく、ルックスにも大きく影響する、非常に重要なパーツですな。

で、このマフラーの本数が色んな意味でとても大事なのは、バイカーだったら誰でも承知している。

CBナナハンフォアは4本マフラー。

僕のCB750(RC42)はノーマルで2本だったのを改造して1本になってる、と言うのもこのブログの読者の皆様には周知の事実

とろこで、クラシックなスタイルでおやじライダーを中心に売れているらしいホンダCB1100ですが、対応するパーツも続々と登場している。

もちろんマフラーも、主要なパーツメーカーからは発表されていて、ファンとしては気になるところ。

この手のバイクには「ショート管の集合管が断然いいっ」と言う声も多く聞かれる。
Cb1100ex1

軽量化を考えればそれがベターなんだろうけど、でもデザイン的には、もう少し長い方が好み。

で、中でも気にるマフラーが2点ある。

まず一点目は、マフラーメーカーとしてはバイクファンで知らない人はない、モリワキから出されたメガフォンタイプの2本出し、チタンフルエキ。Megaphone2stainless
うーむっ、シートも厚めの昔風のものに交換していて、いい雰囲気です。

タイホンダのマシンの輸入も手がけると同時に、パーツも開発、製造しているエンデュランス製のCB1100用の4本出しマフラー。

Cb1100_four560_1 Cb1100_four560_6 Cb1100_four560_8

これはかっこいい

チタンじゃなくステンレス製だけど、マフラーが3本増えてるのに、ノーマルよりプラス1キロ重量増に留めてる!!

これは、やばい

#あっ今の僕のナナハンには満足してますよ、もちろん#

2010年12月29日 (水)

無宗教でも、見えない何かに感謝する時はある

昨日、年末ぎりぎりになってしまった仕事を一件終えて、事務所へ戻る途中、お茶の水の中古CD専門の店、ディスクユニオンに立ち寄った。3枚以上購入で一割引、のセールスに誘われて、ジャズギタリストのCDを適当に選んだ。どれも聞いたことのないアルバムばかり。

Pat Metheny
STILL LIFE

Kenny Burrel
Primal Blue

Wes Montgomery
Best

ずっと探している曲があった。以前J-WAVEの朝の番組のタイトルバックに使われていた、ジャズギターとおぼしき曲。DJはこの放送局の顔、ジョン川平。
朝の張りつめた空気にぴったりの雰囲気を持った、軽快だけど、静かな気合いを感じさせる。そんな曲だった。
どんなジャンルで誰が演奏している、何というタイトルの曲か、全く分からずにいたが、多分ジャズとかフュージョンのたぐいなんだろう。そう言うジャンルの曲を聞いていればそのうち出逢えるかも知れない。
かと言ってそれほどがむしゃらに調べて見るつもりもなかったんだけど、昨日偶然立ち寄って、何の気無しに買った3枚のCDの中の一枚になんと、長年気になっていたナンバーが収録されていた。

Pat MethenyのLast Train Home

P6584_l

今年は、去年以上に時の流れが速く感じられて、虚しさで一杯の年の瀬だけど、思わぬ出会いにささやかな満足を味わえた。
こんな時、信仰心の篤い人だと、「神のお導き」に熱烈に感謝するのだろうけど、典型的な多神教の日本人を自認する僕は、取り敢えず、僕を取り巻く様々なことに感謝、ってところだろう。

2010年12月13日 (月)

ぴょん!!!???

季節は師走。言うまでもなく今年ももうあとわずか。
「2010年はどうでしたか?」と言う話しを切り出すにはほんの少し早い気もしますが、でも世間は忘年会シーズンで、宴もたけなわ、略して“宴たけ”って雰囲気ですな。

で、来年は卯年です。再び巡って来る年男の卯年。

目出度いのか、憂うべきなのか、年男。
前回の年男の時が遙か昔に感じる、今回の年男。

嗚呼、色んな意味であの頃が懐かしい。(ρ_;)

世に「十年一昔」と言うけど、最近の一昔はその半分くらい「五年一昔」でもいいと思うくらい時の移ろいが速い。そう考えると、干支が一巡する12年は「二昔」以上と言うことになる。

思い起こせばこの12年間、世の中も、僕自身の生活も、本当に様変わりした。原稿にしろと言われたら、きっと4万字じゃ済まないだろうなぁ。

様変わりしたと言えば、僕の敬愛するシンガーソングライターのみゆきさんの変わり方も凄いと思う。

ご覧になった人も多いと思うが、富士フィルムのテレビCM。
「お正月を写そう♪」でおなじみの年末年始恒例のCM。

そこに登場したみゆきさんに絶句してしまった!!(゚ロ゚屮)屮

ピンクのウサギの着ぐるみを着て「ぴょん!」だって。。。。

昔は遙か遠い存在のみゆきさんの素顔が身近に感じられるのは嬉しいけど、でも、なにもそこまでしなくても、と思うとちょっと複雑。

見ていて思わずぴょん!!と跳ねてしまった。

2010年12月12日 (日)

バイクは生きている?!

「クルマは ガソリンで 走るのです」

と言うテレビコマーシャルのコピーがその昔ありました。

でも、ガソリンだけじゃエンジンは動かない。当たり前のことだけど、空気がないとガソリンは燃えませんね。ガソリンが燃えないとエンジンは動かない。

いわばエンジンも息をしているんですな。
で、その呼吸器、人間で言えば肺に当たるのがキャブレター。

目立たなくてとても地味な部品だけど、これがないとバイクは走らない。

101211_001s これがCB750fourのキャブレター。このとっても地味な部品を、4回の発行分で汲み上げました。
実際にこれでガソリンを気化する訳じゃない、模型なんだからもっと簡略化してもいいじゃん、なんて思っちゃいけない。このプロジェクトは実物を忠実に再現することに意義があるのだから、と無理矢理自分に言い聞かせて、何とか組み上げました。

そうそう

バイクは呼吸もするけど、「泣く」こともあるんです。
フロントブレーキの利きに不満があったので、ブレーキパッドを少し柔らかめのものに交換したんですが、そしたら低速で止まるときに、フロントブレーキから「きーいぃん」と言う音が。これを「泣く」と呼ぶんですな。101211_004s (上が純正品のパッドで、下が新しいパッド)

ブレーキの利き自体には影響は無いという話しですが、ちょっと気味が悪いので、パッドの角を削ってもらって一応解消しました。

鳴くのなら 削って仕舞え ブレーキパッド (字余り)

お粗末

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ