« 解放されたいのに手放せなくなる | トップページ | 1300年かかって »

2011年2月18日 (金)

来るべき季節を思って

今年も繁忙期に突入してます、実は。

でも、ちょっとだけ、楽はさせてもらってますが。

#いえ、何、こちらの話で。#

仕事はちっとも楽じゃありませんがね、例年通り。

何かと野暮用のスケジュールをかなり緩めてもらったりとね。

楽はしてるけどちょっと寂しい気持ちもあって、こんな曲を聴いてます。

山崎まさよし、「妖精といた夏」。

そういえば、40年前、実家の隣が、工務店の資材置き場で、建築廃材とかが山になっていて、そこでよく遊んでいたのを思い出した。
材木やらとたんやら、家具の壊れたのやらが山積みになっていて、「秘密基地ごっこ」をやってましたね。あぁ、転んだ拍子にガラスで手のひらをぱっくり切って、病院で縫った事もありました。
#今でもその傷跡は残ってる#

妖精と言うのは、実は西洋では、実はかなりいたずら好きな神様だと言う話しですが。

« 解放されたいのに手放せなくなる | トップページ | 1300年かかって »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来るべき季節を思って:

« 解放されたいのに手放せなくなる | トップページ | 1300年かかって »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ