« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月 7日 (木)

スカッと

悶々としてても季節は巡ってくるもんです。

一緒になってしょぼくれてちゃ、ダメ、ってことで、スカッとしに、ひとっ走り行ってきました。

あっ、その前に、お約束通り、新しい革ジャンも購入して
K0597z 色々迷った挙げ句の、クシタニ エリートライドジャケット(ベージュ)

買ったばかりの革ジャンを着て、早速4ヶ月ぶりのツーリング。今回はソロ。目的地は走り慣れた房総。この陽気ならきっと海沿いの道が快適なはず。

でも、それだけじゃつまらないので、ちょっとゲージツ鑑賞としゃれ込んでみよう、千葉市昭和の森公園の脇にオープンした、ホキ美術館に立ち寄ることに。

110406_008s 110406_004s 写実絵画の専門美術館だそうです。

素人の僕にもとても分かりやすい作品ばかり。

Dscn0876s Dscn0877s Dscn0878s

#作品は当然撮影禁止なので画集の写真を載せます#

感想は、「写実」と言うだけあってリアルで分かりやすい。だけどそれだけじゃなく、写真よりもリアルに描かれている気がしました。

一時間ほどゲージツを堪能した後は、お約束の海沿いの道へ。

美術館のある千葉市土気からほど近い、白子海岸で昼食をとり、そのまま海岸線を南下。御宿、勝浦まで走って、その後は内陸の大多喜街道を通って帰路に。

110406_011s 110406_013s 110406_015s

本日の走行距離、約220キロ。

久しぶりにスカッと出来た
これで、またしばらくがんばれるかな

他人のための支出

震災の被害は、原発問題も含めてなかなか収まりそうもないまま、新年度。

直接の被災地からは離れているけれど、「大丈夫でしたか」と「どうなるんでしょうね」が挨拶代わりに交わされる。

「復興」の言葉もちょっとずつ目にするようにはなったけど、何に付け必要な物は先立つモノ。被災した人たちの生活を回復させるには、10兆円必要と言われている。そんな金、どこから捻出するのかってのが、議員や官僚達の悩みなんだろうけど。

ところが意外に多く集まっているのが義援金。国内だけでなく、海外からも沢山寄せられているらしい。これには驚いたり、感動したり。

世の中、まだまだ捨てたモンじゃない。渡る世間に鬼は無し。身銭を切って世のため人のために尽くそうとする人が、こんなにも多くいるなんて素晴らしいことです。

でも。と思う。

確定申告の時期が終わったから言う訳じゃないけど、「世のため、人のため」と言い聞かされながらも、進んで税金を多く払おうと言う人はそうそういるモンじゃない。

ところが震災の義援金は、皆、こぞって支出している。

この違いは一体?と考えずには居られない。

どちらも、直接自分に見返りのある支出ではない。どこかで誰かの役に立つであろうことをなんとなく理解しているだけ。

義援金は強制されない。各自が出来る範囲で出せば誰からも非難されない。

一方、税金は、法律で強制されるけど、義援金と同じように、「各自が出来る範囲で」負担すると言う仕組みにはなっている。

問題はその使い道に対する信頼性なんだと思う。

お金に色は無いけど、どんな風に使われているかのイメージが、義援金と税金ではずいぶんと違う。

義援金は所謂「浄財」だから、これを悪用したら罰が当たる。義援金を使う人間にはそんな意識が働くものだ、だから、概ねちゃんと使われるんだろうと、何となく思いこんでいる。

一方税金は、法律に基づいて権力が集めてる。集める側は、当然のように徴収する。使い道は一応国民の代表が決めてるけど、下々の者は直接タッチは出来ない。
で、どうも好き勝手に使われている気がしてならない。

いくら義援金が集まってるとは言え、それだけでこの復興は無理な話。結局は税金で賄わなければならない。

今まで散々、無駄遣いされて、払うのに嫌気が差している税金。こんどこそは、ちゃんと世のため人のため、困ってる人のために使われて欲しい。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ