« 足りないブログ | トップページ | 三歩進んで二歩下がる »

2011年9月16日 (金)

足るを知るべきだけど

週間CB750fourの記事からの話題を一つ。

僕の乗ってるCB750(RC42)の何代か前の遠いご先祖様が、今組み立て中のCB750fourなんだけど、一代前の言わば直系の兄貴分に当たる車両がある。

6_21 1983年に発売されたCBX750Fがそうだ。

なぜ「直系」なのかというと、エンジンが同じ物だから。

CBX750Fのエンジンは、それ以前のCB750Fに比べて、軽量、コンパクト、メンテナンスフリーとなる構造を取り入れた素性のいいエンジンで、レースでも活躍したし、その後このエンジンを搭載したCB750(RC42)は、91年から07年まで販売される長寿モデルとなった。
と言うことらしい。

どこが軽量かと言うと、一次減速をチェーンでは無くギヤで行う構造によりクランクからミッションの間でシャフトが一本少なくて云々、、、、らしい。

そしてどこがコンパクト化というと、ジェネレーターをクランクケースの上に配置することでバンク角をかせいでどうしたこうした、、、、というわけ。

さらに、どこがメンテナンスフリー化というと、4サイクルエンジンではバルブとロッカーアームの間に隙間が設けられていてそのクリアランスを定期的に調整する必要があるところを、不要とするバルブクリアランス・オートアジャスター機能が開発されて、なんたらかんたら、、、、、と、その結果、軽量、コンパクト、メンテナンスフリーの高機能なエンジンになっているらしい。
お解りだろうか

で、僕のCB750はこの軽量、コンパクトかつメンテフリーで、しかも扱いやすい、優等生エンジンを搭載した、おりこうさんバイクなんですな。

確かに、エンジンの写真を見ると僕のナナハンと同じエンジンであることが解る。

そして、それをネイキッドの車体に積み替えたCB750(RC42)は15年以上にわたって売れ続けたロングセラー。間違いなく歴史に残る車種ではあるんだろう。

しかし、である。

スタイルは、先代の、ハーフカウルに角目の2灯ランプがかっこいい

人間、足るを知るというのは必要だけど、昔抱いたあこがれは、なかなか消せない。

« 足りないブログ | トップページ | 三歩進んで二歩下がる »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足るを知るべきだけど:

« 足りないブログ | トップページ | 三歩進んで二歩下がる »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ