« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

2012年も押し詰まってきました。(その2)

【読書】
仕事関連以外の本を月に一冊は読むようにしたいと、ここ数年心がけています。で、今年読んだ本です。

・夏目漱石 「彼岸過迄」・海音寺潮五郎「天と地と」・板東眞砂子「傀儡」・三橋貴明「増税のうそ」・幸田真音「タックス・シェルター」・五木寛之、沖浦和光、朝倉喬司「歴史の中の遊女・被差別民・佐伯啓思「経済学の犯罪ー希少性の経済から過剰性の経済へー」「アダム・スミスの誤算ー幻想のグローバル資本主義-」・山田真哉「経営者、平清盛の失敗ー会計士が書いた歴史と経済の教科書ー」・室生犀星「杏っ子」・山本周五郎「正雪記」・中嶋博行「違法弁護」・新田次郎「怒る富士」・橋爪大三郎×大澤真幸「ふしぎなキリスト教」・池宮彰一郞「本能寺」

5118f6giall__bo2204203200_pisitbsti 51sjabslal__bo2204203200_pisitbst_3

どうしても時代物、歴史物に偏りますが 、中でも一番印象深かったのが新田次郎「怒る富士」。江戸時代中期に起きた「富士の山焼け(宝永の大噴火)」で被災した山麓の農民と彼らを救済しようと奔走する関東郡代、伊奈半左衛門の活躍を題材にした時代小説。
大規模な自然災害が起きると、苦しむのは立場の弱い民だけで、為政者達はそれを己の立場や権力を維持するための政争の具に利用することを真っ先に考える、と言うのは江戸時代も今も変わらない。そんな感想を持った作品だった。もちろん「小説」なので作者によるフィクションも多分に盛り込まれているだろうけど、それでも東日本大震災復興に関するニュースで知る政府の復興支援と比べずにはいられない。

時代、歴史好きの読書傾向は来年も改めるつもりは無いですが、もう少しジャンルを広げてもいいかも知れない。

さて、四十代最後の一年がもう終わります。来年の春には僕も五十歳の大台です。三十から四十への切り替わりの時には特に感じることは無かったように記憶してますが、今回の「切り替わり」は何だか凄く大きな段差を超えるような気がします。しかし、それに臆すること無く前を向いて生きたいものです。
今年は更新回数が減ってしまいましたが、一年間ご覧いただいた皆様、どうもありがとうございました。どちら様も明るく穏やかな新年をお迎えください。

2012年も押し詰まってきました。(その1)

今年はブログの更新を随分サボってしまったんですが、年の終わりくらいは一年を振り返っておこうかなとキーを叩いてます。

【ツーリング】
今年もあまり遠くへは行けませんでしたが、ソロ・キャンプツーリングが一番の思い出です。
「野営は嫌い、テントなんかじゃ寝られない」と周囲に公言してはばからなかった自分が、誰かの付き合いでも無く、誰からの強制でも無く、テントを持ってキャンプに行ったなんて、我ながらちょっと画期的だと自画自賛です。(近場の一泊のみのキャンプでしたがね)
今年のこの経験は是非、来年の足がかりにしたいところです。

【バイク】
現に乗ってるナナハンには全く手を加えませんでしたが、2年がかりのCB750、1/12スケールモデルの完成も僕にとっては大きな出来事でした。途中、何度も「もう止めちゃおうかな」と思った模型作り。これも誰かに頼まれたわけでも無く自分の趣味で始めただけなので、投げ出しても誰にも迷惑はかからない。強いて言えば家族から無駄遣いを咎められるくらい(それはそれできついんですが)。ともかく投げずに完成させることが出来て、ほっとしました。
ところで、今載ってるナナハンも来年は六年目。そろそろナナハンを卒業できたらいいなあ、なんて思ってますがそれは景気と家族の状況に左右されるので簡単には行きません。
望みは大きくこんな外車(KTMアドベンチャー1190)や

20121212_news_ktm02

こんな逆輸入車

Contentphotobigphotoxb3

或いは身の丈、腕、財布の中身に最適なこんな車種でも

G02

と夢は膨らみますが、多分しばらくはナナハンでしょうね。

2012年12月 2日 (日)

冬が来る前に

寒空の中、以前から借りたいと思っていたレンタルバイクで都内をふらふら走ってきました。

Img_0056jpg_2s HONDA NCX700 DCT
「DCT」は「デュアル クラッチ トランスミッション」の意味。
クラッチ板が二つあって、何やらうまく作動してくれて、オートマチックモードとマニュアルモードの二つの運転が味わえる、と言う、ずぼらなのに欲張りなライダーに優しいマシン。

Img_0055s 左ハンドルにはクラッチレバーがありません。その代わり

Img_0058s シフトスイッチが付いていて、それでギアをコントロールします。一番下に付いている「-(マイナス記号)」のボタンがシフトダウン。
写真には写ってませんが、向こう側に付いてる「+(プラス)」のボタンでシフトアップします。

Img_0057jpg_2s 右ハンドルには当然、アクセルとブレーキがあって、他にオートマモード・マニュアルモード切り替えスイッチと、ドライブ・スポーツ・ニュートラルの切り替えスイッチがある。

今日はドライブモードでマニュアルモードを中心に運転してみた。

スイッチ類がたくさんあって、最初は操作に戸惑ったけど、慣れるととても楽ちん。
クラッチ操作が不要でシフトチェンジを指先だけで行うことに慣れると、普段乗ってるナナハンが苦痛に感じる。

加速も減速もとてもスムーズ。加速時はアクセルを煽らずに「+」ボタンを押してやると、リニアにギアが繋がっていく。

減速時も「-」ボタンでエンジンブレーキが利く。ただし、マニュアル車ほどのダイレクト感は無い。普段からエンジンブレーキを多用する走りの僕には、もう少し「ガツン」と言う感じが欲しいけど、それも“慣れ”の問題かも。

それにしてももう気がついたらもう冬が来てしまって。
本当に最近の季節の移り変わりは情緒も何もあった物では無いですね。

冬が来る前に もう一度あのバイクに巡り会いたい、と思っていたんですが。

今日は、都内の最高気温が10度に達しない予報で、予約したのを少し後悔したんだけど、でも乗りたかったバイクに乗れて、満足でした。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ