« 飛ばないけど、回って回る | トップページ | 2012年も押し詰まってきました。(その1) »

2012年12月 2日 (日)

冬が来る前に

寒空の中、以前から借りたいと思っていたレンタルバイクで都内をふらふら走ってきました。

Img_0056jpg_2s HONDA NCX700 DCT
「DCT」は「デュアル クラッチ トランスミッション」の意味。
クラッチ板が二つあって、何やらうまく作動してくれて、オートマチックモードとマニュアルモードの二つの運転が味わえる、と言う、ずぼらなのに欲張りなライダーに優しいマシン。

Img_0055s 左ハンドルにはクラッチレバーがありません。その代わり

Img_0058s シフトスイッチが付いていて、それでギアをコントロールします。一番下に付いている「-(マイナス記号)」のボタンがシフトダウン。
写真には写ってませんが、向こう側に付いてる「+(プラス)」のボタンでシフトアップします。

Img_0057jpg_2s 右ハンドルには当然、アクセルとブレーキがあって、他にオートマモード・マニュアルモード切り替えスイッチと、ドライブ・スポーツ・ニュートラルの切り替えスイッチがある。

今日はドライブモードでマニュアルモードを中心に運転してみた。

スイッチ類がたくさんあって、最初は操作に戸惑ったけど、慣れるととても楽ちん。
クラッチ操作が不要でシフトチェンジを指先だけで行うことに慣れると、普段乗ってるナナハンが苦痛に感じる。

加速も減速もとてもスムーズ。加速時はアクセルを煽らずに「+」ボタンを押してやると、リニアにギアが繋がっていく。

減速時も「-」ボタンでエンジンブレーキが利く。ただし、マニュアル車ほどのダイレクト感は無い。普段からエンジンブレーキを多用する走りの僕には、もう少し「ガツン」と言う感じが欲しいけど、それも“慣れ”の問題かも。

それにしてももう気がついたらもう冬が来てしまって。
本当に最近の季節の移り変わりは情緒も何もあった物では無いですね。

冬が来る前に もう一度あのバイクに巡り会いたい、と思っていたんですが。

今日は、都内の最高気温が10度に達しない予報で、予約したのを少し後悔したんだけど、でも乗りたかったバイクに乗れて、満足でした。

« 飛ばないけど、回って回る | トップページ | 2012年も押し詰まってきました。(その1) »

バイク」カテゴリの記事

コメント

年をとる前に、もう一度あの人にめぐり合ってみたかった。
なんてね。
ご無沙汰です。
バイク乗りというのはシフトチェンジやアクセルワークを一番に楽しむのではないでしょうか?(笑)
でも、なんでも便利に、楽な方向に進化するからね。楽しんだもの勝ちか(笑)。

nakayanさん、毎度どうもです(^。^)
>バイク乗りというのはシフトチェンジやアクセルワーク
を一番に楽しむのではないでしょうか?(笑)

実はですね、最近頻繁なシフトチェンジに左脚の筋肉が耐えられなくなってるのを感じちゃいまして(^_^;)
左脚のふくらはぎがツったりね( i _ i )

「鍛えろ!」と言う一言で済まされるんですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬が来る前に:

« 飛ばないけど、回って回る | トップページ | 2012年も押し詰まってきました。(その1) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ