« 2014年8月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年9月

2014年9月23日 (火)

独り唐沢山城

今年は何かとグループで一緒に行動する機会ばかりだったけど、独りで走るのもいいもんです。

「バイクはグループで走っていても孤独な乗り物」と言うのが常識だったけど、最近はこんな便利なものが割と手頃な値段で手に入るので、必ずしも「孤独な乗り物」とは言えなくなっている。


#もちろん、無線で会話しながらのライディングはそれなりに楽しめるんですがね。#

で、「孤独な乗り物」を実体験するためには結局はソロツーリングしかない、と言うことで、久しぶりの城跡巡りツーリング。
行き先は栃木県佐野市にある唐沢山城。





関東平野の北西端にある山城で、平将門を討った藤原秀郷の築城と言われているからその歴史は平安時代にまで遡る。
秀郷の子孫としてこの城を守って来た佐野氏は、戦国期、北条と上杉に挟まれながらもなんとか命脈を保って、豊臣の時代に佐野了伯により修築されたのが今も残る城跡となっている。





関東平野を一望出来るこの城は、徳川家康の時代に幕府により廃城を命じられる。
時の城主、佐野信吉が江戸の火災を城から目撃して一早く江戸城に見舞いに馳せ参じたところ、江戸城を見下ろして、しかも勝手に城を空けた事を咎められての廃城とされているが、幕府にすれば江戸を直接監視出来る場所に外様大名の城があることが不都合だったのだろうとも言われている。







#確かに関東平野を一望出来る絶景ポイントです#





その後、信吉は平地に城を築くが、その途中で大久保長安事件に連座して改易されてしまう。
徳川に御世辞使って点数稼ぎのつもりの火事見舞いが裏目に出て城を廃されたり、挙句は徳川家家臣の権力争いに巻き込まれて大名の身分まで失くしたりと、なんだか散々な運命ですね。


ところで、佐野と言えば厄除け大師とラーメンが有名ですが、今回は割愛します。行列が出来る名店にも並ばなかったしお参りもしなかったので。σ(^_^;)

そのかわり、最近この辺りで話題のスポットとして東北道上り、羽生パーキングに寄ってきました。その名も「鬼平江戸処」。








羽生は「鬼平」にどんな関わりがあるのか知らないけど、帰り道なので寄ってみました。

江戸の街並みを再現したという売店。

うーむっ、、、
一度来ればまぁいいか、って感じです。

「軍鶏鍋の五鉄」には入ってみたかったんですがね。

、、、とまあ、特に何のオチもまとめも無く、ソロツーリングの報告でした。m(_ _)m

2014年9月 3日 (水)

未だ冷めやらず

もう9月になっちゃいましたが、北海道ツーリングの熱は未だ冷めませんσ^_^;

瞼を閉じれば浮かんで来るのは北海道で出会った風景。



健さんと黄色いハンカチだったり




秘境の駅だったり





もちろん北海道ならではの真っ直ぐな道と雄大な風景も





「もう二度と戻って来るなよ」とか言われそうな場所だったり。

でも来年も、きっと^_^
と心に誓う夏の終わりです。



« 2014年8月 | トップページ | 2014年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ