« 探し物はkey | トップページ | ♫お〜たまじゃくしはカエルの子♬ »

2015年9月25日 (金)

苦手を乗り越えると忙しくなる

仕事関係で仲良くしてる人からの熱心な誘いを受けて、一昨年からとうとうスキューバダイビングを始めることになった。
海水浴には子供の時分に毎年行っていたし、若い頃も山よりは海が好きだったの確かだけど、この年齢になってやるようになるとは思っても見なかった。
スキューバダイビングと言うと思い出すのは、バブル時代の映画「彼女が水着に着替えたら」。
どんな映画か、見てないので知らないけど、スキューバダイビングを扱った点がいかにもバブルと言う印象で、縁がないスポーツだとずっと思っていた。

実際体験してみてどうだったかと言うと、やっぱり向いてない、と言うのが最初の感想。
身体を締め付けるウェットスーツを着込み、鉛のウエイトに重たいタンクを背負うと一歩一歩が重労働になる。
次にマスク(水中メガネ)を被るのだけど、これがまた鼻まで塞ぐことになるのでとても息苦しいことになる。
何故って、人間は鼻呼吸が基本。口呼吸は万病の素とも言う。
けれど水中では鼻をマスクで塞いで、口に咥えたレギュレータからタンクの中の空気を吸わなくてはならない。
さらにこのタンクからの空気は湿度がほとんど無くて乾燥してるので吸ってると口の中がカラッカラに乾きまくる。
そんな風に肉体的ストレスがフルの状態では海中散歩など楽しめようはずもない。
、、、と言うのがダイビングに対する感想。

しかしダイバー達は口を揃えて言う。「慣れ」だと。
そうなんだろう。
海中での息苦しさも、エントリーまでの重労働も、海中でのバランスや中性浮力も、全ては"慣れ"。人間は学習する生き物。とにかく経験値を上げるために回数(ダイバー用語では"本数"と言う)をこなすしか無い。
それにダイバー達は皆、海の中ではとても優しい。
装備が有るとは言えやはり海中は人間が住める場所では無いから、一つ間違えば命に関わる環境。そんな中では無理は禁物で、常に安全を優先させることが肝要。幸いにも僕の周りのダイバーは皆、そこをきちんと理解していて決して無茶はしない。





と言うことで潜ること25本。
やっと"慣れて"きた気がする。
長かった。
先週行った伊豆のダイビングでは、海中の恐怖心を相当克服出来てる自分にちょっと自信がついた。

↓カミソリウオのツガイ



それにしてもまた趣味が増えて忙しくなりそうだ。

↓蝶々魚


↓カエルアンコウ


« 探し物はkey | トップページ | ♫お〜たまじゃくしはカエルの子♬ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦手を乗り越えると忙しくなる:

« 探し物はkey | トップページ | ♫お〜たまじゃくしはカエルの子♬ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ