« 苦手を乗り越えると忙しくなる | トップページ | アジアの純真 »

2015年10月13日 (火)

♫お〜たまじゃくしはカエルの子♬

ここにささやかな野望を抱いた親父が独りで格闘している。
その野望とは「世界制覇」でもなく、「全国制覇」でもない。
実にささやかな、小さな野望。
それはあまりにささやか過ぎて大きな声では言うのも憚られるのでこうしてここで吐露するのだけど。
ある親父バンドでギター&ヴォーカルを担当しているその親父は、実は内心リードギターに憧れている。
長年ギターを弾いてきたからには、一度くらいはストロークやアルペジオ、スリーフィンガー と言った伴奏だけではなく、ソロをカッコよく弾いてみたい。そんなささやかな野望を抱いている。
しかし、残念ながら現在の彼のギターの腕前ではそれは無理な相談だ。アドリブ演奏ができるわけでもなく、耳コピも出来ない。
ギターテクの解説書を山ほど買い込んで様々な練習法を試みるが、なかなか成果は上がらない。
そこで頼みとなるのが歌本に記載されている間奏の部分の楽譜だが、そこでもやはり壁にぶち当たる。楽譜が読めないと言う致命的な弱点。

「楽譜が読めなくても演奏できるのがギターのいいところさ」、なんて言いながら避けてきた苦手な楽譜、楽典。

「ドレミ」は分かる。五線譜に従って音の高さを拾っていけばいい。♯や♭が付いてたらそこを半音上げたり下げたりすればいい。
問題は音の長さ。
それぞれの音をどんな長さ、どんなリズムで 弾けばいいのか、楽譜を見てるだけではさっぱり読み取れない。メロディーが浮かばない。

「『おたまじゃくしはカエルの子
やがあて 手が出る 足が出る』、けれど俺には手も足も出ないぜ」

などとニヒルに洒落てみても始まらない。

おたまじゃくしを一つずつ拾って、ポロン、ポロン、と弾いてたんじゃ全く埒が開かない。
親父は思わず呻く。ここで「おたまじゃくしと闘うことになるとは、、、」

しかし、21世紀のテクノロジーはそんな親父にも優しかった。

http://www.finalemusic.jp/products/notepad

こんな便利なアプリケーションソフトが無料で簡単に手に入ってしまう。\(^o^)/





手持ちの楽譜をこれに置き換える作業は必要だけど、それをパソコンが演奏してくれるのでとても便利。
おたまじゃくしを並べた後は、パソコンがそれをなぞって聴かせてくれる。
あとはそれを参考にしながら、華麗な指捌き、、、になる様に練習あるのみ💪

« 苦手を乗り越えると忙しくなる | トップページ | アジアの純真 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ヴォーカル・・・聞いてみたい・・

下関店長、毎度(*゚▽゚)ノ

上京の際にカラオケでも行きますか?

最近のカラオケはギター(エレキ、アコースティック)やベースもレンタルできるみたいですよ
^◇^

下関店長、上京の際にはカラオケじゃなくてもっと面白いところ行きましょう(≧∇≦)

神田の"フォーク酒場"。
お客がギターの弾き語りをして楽しむ居酒屋です。そこで下関店長の昔取った杵柄の長渕も聴かせてもらえるし(^_−)−☆

無理っすよぉ・・
でも最近、Facebookつながりでもギターネタが多いんだよね。
引っ張り出してみるかなぁ。

でも、そのフォーク酒場には是非連れて行って下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♫お〜たまじゃくしはカエルの子♬:

« 苦手を乗り越えると忙しくなる | トップページ | アジアの純真 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ