« 2015年10月 | トップページ

2016年6月

2016年6月 5日 (日)

放浪者

フレデリック・フォーサイスの「ジャッカルの日」を超えると言うキャッチフレーズに惹かれて、久しぶりにスパイ小説を手にした。
映画化もされたフォーサイスの代表作「ジャッカルの日」は随分昔に読んで、その時代の世界情勢を背景にしたスリリングなストーリーに魅せられて、他の作品を読み漁ったことがあった。
その頃のことをふと思い出しながら読み始めたテリー・ヘイズと言う作家のデビュー作品、「ピルグリム」。


主人公が自ら事件を語る形式で進むのもユニークだし、「9.11」以降のテロとの闘いを題材にしているのもリアリティがあって、読み始めたらグイグイ引き込まれている。

ところで、pilgrimとは放浪者の意。
ここ数年、この時期になると何だか放浪者の気分になる。
周りの人には「仕事関係で出掛ける」とは言い張ってるけどきっとそうは見えないんだろうなぁ。
でも、かと言って自分から進んで企画してる旅でもない。言わば流れに任せての旅。
もちろん正確には放浪ではなくツアーだけど。
一昨年、昨年に引き続き恒例になりつつある旅に、もうすぐ出掛ける。
今年はセブ島まで、こいつを見に行くらしい。



運良く会えれば、の話だけど。

« 2015年10月 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ