旅行・地域

2016年6月 5日 (日)

放浪者

フレデリック・フォーサイスの「ジャッカルの日」を超えると言うキャッチフレーズに惹かれて、久しぶりにスパイ小説を手にした。
映画化もされたフォーサイスの代表作「ジャッカルの日」は随分昔に読んで、その時代の世界情勢を背景にしたスリリングなストーリーに魅せられて、他の作品を読み漁ったことがあった。
その頃のことをふと思い出しながら読み始めたテリー・ヘイズと言う作家のデビュー作品、「ピルグリム」。


主人公が自ら事件を語る形式で進むのもユニークだし、「9.11」以降のテロとの闘いを題材にしているのもリアリティがあって、読み始めたらグイグイ引き込まれている。

ところで、pilgrimとは放浪者の意。
ここ数年、この時期になると何だか放浪者の気分になる。
周りの人には「仕事関係で出掛ける」とは言い張ってるけどきっとそうは見えないんだろうなぁ。
でも、かと言って自分から進んで企画してる旅でもない。言わば流れに任せての旅。
もちろん正確には放浪ではなくツアーだけど。
一昨年、昨年に引き続き恒例になりつつある旅に、もうすぐ出掛ける。
今年はセブ島まで、こいつを見に行くらしい。



運良く会えれば、の話だけど。

2015年10月23日 (金)

アジアの純真

そんなタイトルの歌が流行りましたね、20世紀の終わりに。

🎵白のパンダを どれでも全部並べて
ピュアなハートが世界を飾り付けそうに 輝いてる🎵

♬火山 マゼラン 上海 マラリア
夜になって 熱が出て
多分 香港 瞬く 熱帯夜♬

井上陽水の作になるこの歌詞、妙な語呂合わせだけで何かメッセージがあるのかないのか、よく分からん歌だと当時冷めた目で見ていたものだけど。
「21世紀はアジアの時代」なんて当時言われていた雰囲気を何となく流行歌にしただけだろうと。

そして時代は21世紀。
今や正にアジアの時代。

実際にアジアの何ヶ国かをこの目で見て来て改めてこの歌詞を見ると、なんでも飲み込むアジアの雑然とした雰囲気を表していて妙にしっくり来るのが不思議。

と言うことで、来月の初っ端、今年3度目の海外出張で、今度は上海に行って来ます。
“政冷経熱”と言われて久しい彼の国と我が国ですが、果たしてどんな所なのか。



2013年3月29日 (金)

オーストリアにかぶれてます

繁忙期後の春。今年は海外旅行に行って来ました。

行き先はオーストリアのウィーン。

昨年からの計画で、今年の繁忙期はこの旅行のことも気に掛かり、例年以上に緊張感がありました。

「仕事終わるかな〜」とか

「旅行の支度は間に合うだろうか」とか

「旅行の前に風邪引いたりしたらどうしよう」とか

色んな心配で頭がいっぱいでしたが、とにもかくにも行って来ました。オーストリア。

Dscn2194s (ウィーンの中心地にあるシュテファン大聖堂)

Dscn2217s

(雪景色のウィーン美術館)

何故オーストリア旅行か。そんな話は少し込み入ってるので省きますが、良いところでしたよ。寒かったのを除けば。

ヨーロッパの中では治安も衛生も抜群にいいようで、海外旅行ビギナーには最適な国、との感想を持ちました。

実際、スリや置き引きにも遭わなかったし、水道水も飲めたし。

ただ、滞在中ずっと雪がちらついて寒かったのは残念でしたが。

とは言え、緯度で比較すると樺太辺りに相当するようなので今回くらいの寒さは当然なんでしょうが。

でもやっぱり、美しい街並みや宮殿などは青空の下で見てみたいものです。

35日では行けなかったスポットもいくつも残して来てしまったので、是非もう一度、行って見たいオーストリアです。

もちろんその時は少し季節をずらして、暖かい季節に。

Img_0177s (しかめっ面のベートーベン像)



そうそう、オーストリアにもバイクメーカーがあります。

KTMと言って、パリダカールラリーでの優勝もある、オフローダーで有名なメーカー。

最近発売された"アドベンチャー1190"はとても気になるバイク。

20121212_news_ktm02

同じカテゴリーのバイクと比較すると、BMW1200RGSは値段も大きさも立派すぎ。
ヤマハのスーパーテネレ1200も悪くは無いけど、少し背伸びして外車を、と考えるならこのKTMはとても惹かれる。

すっかりオーストリア贔屓になった今、一番欲しいバイクになってます。

#"READY TO RACE"のコピーには少したじろぎますが#

2009年4月 1日 (水)

ナナハンざむらい海を渡る!

とうとう海を渡りました!(ただしナナハンは留守番です)

Imgp1034s

ここは山田長政ゆかりの地です。

つい4時間前に帰国したばかりです。

2008年9月 2日 (火)

バイクで行きたかった史跡

下関訪問はバイクで、と言うのが当初の目論見でした。さすがに東京から自走して、とは考えませんで、バイクを運んでくれる業者を探したり、フェリーを検討したりしたんですが、今回は家族旅行を兼ねていたので、自分だけバイクでと言うのははばかられて、結局新幹線を使う普通の旅行になってしまいました。

「男には冒険が必要だ!」なんて息巻きましたが、勢いだけで行動できる立場でも無いんですね、すでに。

それでもせめて城跡や戦国武将に関わる史跡くらいは、と言うことで、下関の後に、宮島、そしてその翌日には広島城を訪れました。

Imgp0590s Imgp0602s

宮島と言えば「日本三景」の一つ、そして平清盛が思い浮かびますが、戦国時代に名を残す有名な合戦が行われた場所としても有名です。

「厳島合戦」は戦国中期、中国地方に覇を唱えていた大内氏を滅ぼした陶晴賢(すえはるかた)を、数において劣勢の毛利元就が嵐の中の奇襲で破ったもので、日本三大夜戦の一つに数えられるものです。この合戦の後に毛利氏は大内氏に代わり周防、長門へと版図を拡大していくことになります。

Dscf0876s Dscf0872s

広島城は天正18年、毛利輝元により築城され、関ヶ原後には東軍で一番やりを付けた福島正則が49万国を領有する大大名として入封しましたが、その後江戸幕府により福島家が改易になると、浅野氏が紀伊から転封され、幕末まで続きました。

城跡や合戦の話は息子達や嫁さんに話しても、ほとんど反応はありませんな、まぁ仕方のないことですが。。。一緒に回っただけでも良しとしますか。

今回の旅行では、巌流島、厳島、広島城と、以前から行ってみたかった史跡をとりあえず回れたので、まぁ満足ですが、欲を言えば、一人で、しかもバイクで行きたっかたなー。

2008年8月30日 (土)

旧友を訪ねて

初めて下関まで行って来ました。

旧友の経営するクシタニ下関店は新幹線の新下関駅からすぐのところ。

Imgp0552s Imgp0544s 店頭にディスプレイされた店長所有のKTM(うっうらやましい!)が目印です。

Imgp0543s

「秋葉系」のおみやげは気に入ってもらえたかな、店長?

下関と言えばふぐです。この日はふぐ料理をご馳走になり、遅くまで語り合いました。

下関と言えば、巌流島です。翌日は僕のために、下関観光地巡りにお付き合いいただきました、しかも車で。

Imgp0567s

Imgp0571s

Imgp0585s 下関の新名所、角島大橋です。最近三菱自動車のCMで使われていた場所です。青い海の上を走る白い橋が美しい。

二日間、旧友にはすっかりお世話になってしまいましたが、穏やかな気候と美しい海と山からなる風景、そして旨い魚の下関の魅力を堪能させていただきました。

また、仕事や家族のことでもっと頑張らなきゃならない年代にさしかかって、お互いの苦労や悩み、喜びをじっくり語り合うことができて、有意義な一泊二日でした。

そうそう、バイクには革パンツが必須、と言うアドバイスも参考になりました。節約してクシタニの革製品、買うからね

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ