趣味

2015年9月25日 (金)

苦手を乗り越えると忙しくなる

仕事関係で仲良くしてる人からの熱心な誘いを受けて、一昨年からとうとうスキューバダイビングを始めることになった。
海水浴には子供の時分に毎年行っていたし、若い頃も山よりは海が好きだったの確かだけど、この年齢になってやるようになるとは思っても見なかった。
スキューバダイビングと言うと思い出すのは、バブル時代の映画「彼女が水着に着替えたら」。
どんな映画か、見てないので知らないけど、スキューバダイビングを扱った点がいかにもバブルと言う印象で、縁がないスポーツだとずっと思っていた。

実際体験してみてどうだったかと言うと、やっぱり向いてない、と言うのが最初の感想。
身体を締め付けるウェットスーツを着込み、鉛のウエイトに重たいタンクを背負うと一歩一歩が重労働になる。
次にマスク(水中メガネ)を被るのだけど、これがまた鼻まで塞ぐことになるのでとても息苦しいことになる。
何故って、人間は鼻呼吸が基本。口呼吸は万病の素とも言う。
けれど水中では鼻をマスクで塞いで、口に咥えたレギュレータからタンクの中の空気を吸わなくてはならない。
さらにこのタンクからの空気は湿度がほとんど無くて乾燥してるので吸ってると口の中がカラッカラに乾きまくる。
そんな風に肉体的ストレスがフルの状態では海中散歩など楽しめようはずもない。
、、、と言うのがダイビングに対する感想。

しかしダイバー達は口を揃えて言う。「慣れ」だと。
そうなんだろう。
海中での息苦しさも、エントリーまでの重労働も、海中でのバランスや中性浮力も、全ては"慣れ"。人間は学習する生き物。とにかく経験値を上げるために回数(ダイバー用語では"本数"と言う)をこなすしか無い。
それにダイバー達は皆、海の中ではとても優しい。
装備が有るとは言えやはり海中は人間が住める場所では無いから、一つ間違えば命に関わる環境。そんな中では無理は禁物で、常に安全を優先させることが肝要。幸いにも僕の周りのダイバーは皆、そこをきちんと理解していて決して無茶はしない。





と言うことで潜ること25本。
やっと"慣れて"きた気がする。
長かった。
先週行った伊豆のダイビングでは、海中の恐怖心を相当克服出来てる自分にちょっと自信がついた。

↓カミソリウオのツガイ



それにしてもまた趣味が増えて忙しくなりそうだ。

↓蝶々魚


↓カエルアンコウ


2009年1月24日 (土)

バイクに乗らない日々

ワンサイズ上の革パンツも届いたのに、バイクに乗らない日々が続いてます。

例年、Imgp0901s 1月はそんなに忙しくなかったはずなのに、今年は何故かバイクに乗る時間を作れない。このご時世、新しい仕事が増えるのはありがたいことではあるんですが。

バイクに乗らない日々が続くとこのブログも更新しなくなるし、欲求不満が溜まってきます。

最近、そんな虚しさを慰めてくれる物を手に入れました。Imgp0902s デジタルオーディオプレイヤー、です。機種は流行りのiPODやウォークマンではなく、Victorのalneoと言う製品です。

昔からヘッドフォンステレオを持ち歩くことには全く興味を覚えなかったんですが、マッチ箱くらいの大きさの物に1000曲も記録して持ち歩ける便利さを、かなり手ごろな価格で手に入れられることに惹かれて購入しました。音声録音も出来てFMラジオも聴けます。

これを使って最近聞いているのは、昔から聞きなじんでるフォークやロックではなく、ここ2,3年前から聞き始めたJAZZ。Imgp0908s

難しい蘊蓄は分かりませんが、何も考えずに楽曲に身をゆだねていられるところが気に入ってます。

あぁ、それにしてもこのままバイクに乗る機会が無く繁忙期に突入するんだろうなぁ。

今日も天気悪いし。憂鬱です。

2008年12月17日 (水)

タフなミッション

「ナナハン」と「参謀」が遂行すべきミッションは3種類。どれも己の能力の限界まで引き出すことを強要される、タフなものばかりだ。

二人は最初に武器のチョイスに移る。

「こいつは驚きだ。44マグナムにコルトガバメント、ウージーまである。」ナナハンは無言で唸った。Imgp0837s

ベレッタからM4ライフルまで、あらゆる銃を知り尽くした「参謀」は既に使用する銃の選定に入っている。「仕事」に応じた銃器選びの眼は、仲間内でも最も信頼されているものだ。。。Imgp0865m

え?!、ハード・ボイルドはもういいですか?

そうですか大藪春彦を気取ってたんですがヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

そうです。ここに並んでいるのは全て「ゴム銃」です。輪ゴムを発射して遊ぶ玩具で手作りなんです。よく出来てますよね。Imgp0849s

こんなのとか。Imgp0846s

こんな金属製のとか。

Imgp0848s 左下は帝国陸軍の南部14年式!

木製のショットガンは、輪ゴムを発射した後に薬莢が飛び出します。Imgp0867s

これらはゴム銃協会の皆さんの自慢の作品で、デモンストレーションを見せてもらうだけでしたが、そこにかける情熱には圧倒させられました。

競技の方は、マッチ箱を的にしたもの、ハエの大きさの的を撃つもの、そして糸につるした動く五円玉を狙うものの3種類で、合計得点を競うという分かりやすいものでしたが、意外と難しく、当たると嬉しいし、外すと想像以上に悔しくて、熱中しちゃいました。

Rimg0013m_2

参加者は老若男女約40名程度。午前、午後と競技して僕の成績は27位で賞品として、手作りゴム銃をゲットしました。

Rimg0020m

一緒に行った「参謀」サンは確か14位で、連射式のゴム銃をゲットしてました。

まさに「ただでは帰らない」二人でした。

ゴム銃競技会につきましては以下のサイトを参考に載せておきます。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/jrbgsa/

P.S.参謀サン、お誘いいただいてありがとうございました。また一つ趣味の幅が広がった気がします。オリジナルゴム銃、構想を練っておきます。

2008年12月16日 (火)

「男ってヤツは。。。

「どうしてこうも戦(いくさ)が好きなのか。」二日酔いの重たい瞼をこすりながら、自嘲気味に一人つぶやいた。

煎れたばかりの苦い珈琲もそこそこに、男は着古したミリタリーコートに袖を通し、コーデュロイのハンティングを目深にかぶると、部屋のドアを開けた。

「しかも、朝から雨か。おあつらえだ、今の俺の気分にぴったりだぜ。」

冷たい冬の雨が降る裏町を、傘もささずに歩き始めるとポケットの携帯電話がアート・ブレーキー&The JAZZ MESSENGERS の"MOANIN"を奏でた。無言で通話ボタンを押す。

「ナナハンか、俺だ。準備はいいか。これから駅まで迎えに行く。10分後だ。」

それだけ言うと電話は切れた。声の主は「仲間」の間では「参謀」と言うニックネームで呼ばれている男だった。

「ナナハン」と呼ばれた男と「参謀」の二人は、これからある「仕事」を成し遂げなければならない。声を掛けたのは「参謀」。「ナナハン」にとっては敢えて引き受ける事情もない「仕事」だった。しかし「今回の相手は百戦錬磨の連中が揃ってる。ただで帰れるとは限らない。」「参謀」のその一言が「ナナハン」の気持ちに火を付けた。

「参謀」の運転する車でたどり着いた今日の「戦場」は、貨物駅の近くだった。

Imgp0829s Imgp0831s

ナナハン:「あぁ、ここですか、ゴム銃の会場!」

参謀:「まだ設営、やっているところですよ、とりあえず受付済ませてね」

ナ:「はーい。あっ、どうも、初参加の『ナナハンざむらい』です。」

12月14日、日曜日、地元のある活動で知り合った「参謀」さんに誘われて、ゴム銃の公式競技会に参加して来ました。(次回へ続く)

Imgp0835s Imgp0883s

2008年6月25日 (水)

写真の話し

このブログのテーマはバイクを中心に考えているんですが、書き始めると、どうも城跡の方に話しが偏りがちです。

バイクは好きだけれど、ライディングテクが優れているわけじゃない(ハッキリ言って下手です)。

バイクをいじるのが得意なわけでもない(不器用だしメカにも音痴です)。

ただバイクで出かけるのは好きだし、城跡を見るのも好き。と言うことで自然と話しはバイクネタよりも城跡、歴史談義に行ってしまいます。バイクのブログと思って読まれている方には大分物足りないかも知れませんが、まぁそのうちバイクの話しも出来る日が来るかも知れませんので、長い目で一つ、よろしくお願いします。

で、今回もバイクネタではありません。写真の話し。

ホンダの公式サイトに掲載されている「愛車撮影講座」を参考に写真のテクについてちょこっと勉強してみました。

「ホワイトバランス」と「露出」。難しい仕組みはよく分かりませんが、写真の明るさや色調を変えるテクニックについての記事を読みながら、手持ちのデジカメで試してみました。

露出をオートにして、ホワイトバランスを変えてみると

Whitehakus Whiteas          

Wthitesuns

左から、ホワイトバランスを、オート、白熱灯、太陽で撮影してみました。ずいぶんと印象が変わるものです。

これを使うと、曇空を強調した写真とか、春のやわらかい緑を出す、とか写真の雰囲気作りに役立つそうです。

昔から比べると、高機能のデジカメを安く手に入れられるようなったのですから、写真のことをもう少し勉強して、活用したいものです。

なんでもかんでも「AUTO」で撮影してたのをちょっと反省してます。

2008年6月18日 (水)

ブログ開設一周年にあたって

ブログを始めてもうすぐ1年になります。

1年前は四捨五入して40代だったのが、今は四捨五入すると50歳になってしまいました。

最近、バイクに跨る間隔が開いてきている気がするし、「俺ももうすぐ50かぁ」なんて思うと、急に老け込んだ気分になってしまいます。

いかんですなぁ、こんなことじゃ。

今年、自分に課したキーワードは「動く」でした。40代後半に突入するに当たって後退した人生にならないよう、とにかく動く。

で、最近、また一つ新しいことを始めました。ヨガ教室。

20代の頃と違って、バイクに乗るととにかく体力が消耗します。それを少しでも緩和するためにも何かしなければと考えていたのですが、あまり激しいトレーニングはかえって逆効果。とりあえず流行のヨガでも、と言うことで。

で、今日、仕事の帰り、行ってきました。とあるスポーツクラブの1プログラム。とにかくこの堅いカラダがどこまでできるか、とちょっと不安でしたが、ポーズの完成度を他人と競うものでもないので、マイペースで1時間、ヨガの雰囲気は体感できました。普段使わない筋肉を伸ばしたり、或いは負荷をかけたりを急激ではなく、ゆっくり無理をせずできて、とてもリラックスできて、これならしばらく続けられそうです。

せっかく始めたバイクでの城巡り、そしてこのブログを少しでも長く続けるためにも、健康法にも気を配っていきたいですね。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ